目標と行動計画/GOALS AND ACTION PLANS

◆目標 Goals ① ダイバーシティを社内に浸透させ、関連情報を開示する
② 多様な人財を活用し、イノベーションの原動力とする
-女性管理職率は2020年までに15%、将来的に30%
③ 多様な人財が最大限能力を発揮できる文化・環境を醸成する

1.Promote diversity in the company and externally disclose diversity related data.
2. Effectively use diverse talents as a source of innovation.
Target ratio of female managers: 15% by 2020, and 30% in the near future.
3. Foster a culture and environment in which diverse employees can maximize the performance.
◆行動計画 Action plans ①ダイバーシティ&インクルージョン活動の情報開示
-経営層からダイバーシティ&インクルージョンは経営方針であることを発信
②女性管理職候補の育成・多様な個人の強みを活用できる管理能力の向上
③異なる意見を発言し、それを認め、高めあう文化の醸成、フレキシブルな環境の整備

1.Disclose Diversity & Inclusion related information.
Management to proactively communicate that Diversity & Inclusion is a business strategy.
2.Develop future female leaders./Enhance manager's inclusion skill.
3.Cultivate corporate culture which respects and leverages different values/opinions.


■数字で見るアシックスのダイバーシティ/Diversity Numbers

●株式会社アシックス/Asics Corporation Head Office(2020年3月末)


●主要なグローバル販社の管理職に占める女性の割合/Ratio of female Mangers in Overseas Subsidiaries(2019年度末時点)


■目標達成に向けての様々な取り組み

①女性活躍推進への取り組み

ダイバーシティの目標の一つとして、将来的に女性管理職率30%に上げることを掲げており、女性が積極的にキャリアを積めるよう、キャリアビジョンを描くプログラムをおこなっています。

また、社内だけでなく女性営業職が一同に会し、キャリアを考える「エイジョ(営業女子)カレッジ」や、関西地区で開催された「エリアカレッジ」にも参加。キャリア形成やダイバーシティ推進につながる活動をおこなっています。

上記のような取組みや女性管理職の増加等が評価され、各種表彰や認定マークを取得しています。

■各種表彰・認定

・平成30年度「女性が輝く先進企業表彰」において、スポーツ用品業界で初となる「内閣府特命担当大臣賞」を受賞(詳細へ)

・平成29年「ひょうご女性の活躍企業表彰」を受賞(詳細へ)

・「グッドキャリア企業アワード2018」で、スポーツ用品業界で初となる大賞(厚生労働大臣表彰)を受賞(詳細へ)

・平成29年女性活躍推進法に基づく「えるぼし」(3段階目)企業に認定

・Forbes JAPANが選ぶ日本最大級の女性アワード「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2019」において、「企業部門 総合ランキング」の300名以上1000名未満の部で、第6位に入賞(詳細へ)


②誰もがイキイキと働ける環境づくり

多様な人財が能力を最大限に発揮できる環境づくりにも取り組んでいます。

その取り組みの一環として下記の活動が評価され、職場におけるセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)への取り組みの評価指標「PRIDE指標」において、最高位である「ゴールド」を受賞しました。(詳細へ)

  • 社内規程・基準の改正(結婚の定義を明確化、配偶者には同性パートナーも含む)
  • LGBT理解促進研修/ワークショップの実施
  • 相談窓口の設置


誰もがスポーツを楽しめる世の中を創っていきたいという思いを込めて、「LGBT スポーツを楽しむ!」を経営者宣言として掲げ、今後も活動を推進していきます。


③管理職対象 インクルージョン能力向上プログラム

管理職には、多様な人財を活用するインクルージョン能力が必要です。

自分には「無意識の偏見」があることを自覚した上で、相手を認め、活かすというインクルージョンスキルを理解をし、実践する事を目指したプログラムを実施しています。


④従業員ネットワーク活動

アシックスのダイバーシティ&インクルージョン活動には、従業員が自主的に活動するネットワークがあります。

その特徴は、「もっと会社が良くなるために」という想いに賛同する仲間たちが集まり、共通のテーマを軸にアイディアを出し合い、社内広報やイベント開催等の活動を行っています。
国籍や性別、スキルや経験が異なる多様なメンバーが集まり、意見を交換しアイディアを創出していく工程はまさにインクルージョンです。
自身の業務の枠に捉われず、部門の垣根を越えて集い活動することで、社内における人脈、経験、視野が広がることもメリットです。


⑤パネルディスカッション:マネジメントが考えるダイバーシティ

ダイバーシティへの理解が徐々に浸透していくにつれ、経営陣の考えを知りたいという社員の声が多く挙がったことにより、役員や統括部長を迎え、パネルディスカッションを行いました。

役員や統括部長に海外や他社での経験を積まれた方が増えたことで、以前は一方通行だった海外販社とのコミュニケーションが双方向になってきたことなど、多様な人財がいることによる変化や影響が語られました。

普段コミュニケーションを取る機会が少ない経営陣に直接質問をぶつけることができ、多様な考えに触れることができる貴重な機会でした。

⑥ランチケーション(ランチ+コミュニケーション)

多様な人財同士のコミュニケーションや知識共有を目的とした「ダイバーシティランチケーション(ランチ+コミュニケーション)」を開催しています。

異なる視点での考えを知り、お互いの違う点を認め合うことの意義を当事者の経験談から学ぶことができる場として毎回大勢の社員が参加しています。