運動量の増加が子どもの生活習慣改善に寄与 スマートシューズによる子どもの運動量測定の実証実験を実施

国名: Japan
リリース日: 2021.06.15

 アシックスは、このたび、C Channel(シーチャンネル)株式会社が運営するママ向け動画メディア「mamatas(ママタス)」と協力し、スマートシューズによって子どもの運動量を測定し、睡眠や食事などの生活習慣との関係を考察する実証実験を実施しました。 同実験は、小児科医、発達脳科学者および公認心理師で、文教大学教育学部の成田奈緒子教授の監修のもと、6歳から12歳までの小学生を対象に、約2か月にわたり行いました。

 今回の実証実験では、現在当社が開発を進めているスポーツデータ統合システム「TUNEGRID(チューングリッド)」のコア技術のひとつである小型BLEセンサ「TUNEGRID-Cube(チューングリッド・キューブ)」を使用しました。「TUNEGRID-Cube」は重さ約5グラムで、時間に応じた歩数を記録することが可能です。被験者の小学生に「TUNEGRID-Cube」を片方のベロ部に内蔵したスマートシューズを2か月程度着用してもらい、1日当たりの歩数や時間ごとの運動量など、運動習慣の可視化をはかりました。また、起床時間や就寝時間、食欲の有無といった生活習慣に関するアンケートを実施しました。全参加者のうち、有効回答を得られた40名の結果について分析しました。

 運動量(歩数)のデータおよびアンケートの結果、平均歩数より多く歩いている子どもは、平均歩数以下の子どもと比べ、早寝早起きで寝起きが良く、食欲が旺盛で、外に遊びに行く頻度が高い傾向にあることが分かりました。また、実証実験前後の比較で歩数が増えた子どもは、就寝時刻が有意に早まったことも確認できました。これらのことから、日中の運動量が多いことは、生活リズム全体を整えることにつながり、子どもの健康に好影響を与えると考えられます。
 また、アンケートでは、「歩数を稼ぎたいので、親子で公園へ行く機会が増えた」「歩くとセンサが反応するのが面白く、親子で話題になった」などのコメントがあり、スマートシューズによる運動量(歩数)の可視化は、子どもの運動へのモチベーション向上に寄与するとともに、親子のコミュニケーションの促進に貢献していることがうかがえました。



〇今回のモニター属性

〇スマートシューズ着用時の歩数と就寝時刻および起床時刻のデータ

全体 平均歩数以上 平均歩数以下
平均歩数 6,152歩 6,865歩 3,982歩
平均就寝時刻 21時46分 21時43分 21時57分
平均起床時刻 7時12分 7時05分 7時32分


〇「寝起き」に関するアンケート結果



〇「食欲」に関するアンケート結果



〇「外遊び」に関するアンケート結果



〇歩数の増減と就寝時刻の変化について



〇「TUNEGRID-Cube」による歩数記録の例



〇文教大学教育学部の成田奈緒子教授のコメント

 全データの歩数と「毎日アンケート」の生活リズムの相関性から、歩数の多さを起点とした生活リズムについての良いスパイラルがはっきりと浮かび上がっています。夜10時~午前2時の間に、成長ホルモンがもっとも活発に分泌されるため、特に小学生の子どもは21時にはベッドに入って22時には熟睡していることが理想です。成長ホルモンは、骨や筋肉を作って身体を安定させるだけでなく、内臓の新陳代謝も促し、免疫機能を整え丈夫な内臓を作ります。早く眠ることは子どもにとってとても重要ですが、そのためには日中たくさん歩くことが有効であることが、相関性からも明らかになりました。平均以上歩いている子どもと平均以下の子どもを比べると、下校時や下校後の歩数に差が見られ、この時間帯に自由に身体を動かして遊ぶことが運動量を大きく左右していると考えられます。 
 また、実験の中で毎日の生活リズムや歩数を計ることが、子どもを観察する良い機会となり、親子のコミュニケーションのきっかけになっていることが分かります。

歩数と生活リズムとの相関性を表した図



 当社は、「健全な身体に健全な精神があれかし」を創業哲学に掲げ、世界中のすべての人々の心身の健康向上に寄与するプロダクト、サービス、環境の提供を目指しています。
 今回の実証実験の結果を参考に、運動を含む子どもの生活習慣に関するデータを引き続き蓄積していくとともに、デジタル技術を活用した新たなスポーツの楽しみ方を検証し、子どもたちの健康的な生活の実現に向けた新たな製品・サービスの検討を進めていきます。



【監修:成田奈緒子教授】 
 小児科医、発達脳科学者、公認心理師、文教大学教育学部教授。『子育て科学アクシス』代表。神戸大学医学部卒。『子どもにいいこと大全』(主婦の友社)、『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』(産業編集センター)、『早起きリズムで脳を育てる』(芽ばえ社)など著書多数。


【ママタスについて】 
 「ママをもっと自由に」をスローガンに子育て中のママを応援する動画メディア。子育てをしているママ自身が「もっと、のびのびと」「自分らしく」輝けるよう、社会の固定概念の変化や、そこからの解放に働きかけることで社会貢献を果たすことを目指す。日々のSNS無料動画マガジンでの情報発信だけでなく、ママの本音を社会につたえる「ママタスlabo」、保育士の業務軽減を目指す「保育園応援プロジェクト」、便利な商品がSNSからそのまま購入できるセレクトSHOP「ママタスSTORE」などを展開しています。



【TUNEGRIDについて】 
 スポーツの競技データや日々の運動習慣を簡易に記録し、その記録を分析することができるスポーツデータ統合システムです。小型センサを内蔵したシューズ、ビデオカメラ、スマートウォッチなど多様な測定ツールと連携し、それぞれから得られるデータを一元管理・分析します。スポーツの競技データや日々の運動習慣を分析することで、プレーの特徴や個人の運動量の傾向を可視化し、競技力向上や運動不足解消、怪我の防止などにつなげることができます。また、子どもや高齢者の見守りサービス、施設や工場内における従業員の労働状況を可視化するワーキングソリューションサービスなどへの応用も期待できます。




  【ご参考】(2020年11月18日付プレスリリース)
〇 スマートシューズによる子どもの運動量測定の実証実験を開始
スポーツや運動習慣を記録・分析するデータ統合システムを開発https://corp.asics.com/jp/press/article/2020-11-18-1



戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら