「ASICS HEALTH CARE CHECK」で採用している健康評価指数の評価方法がJSA規格として制定

国名: Japan
リリース日: 2021.03.18



 アシックスは、このたび、当社が開発した健康増進プログラム 「ASICS HEALTH CARE CHECK(アシックスヘルスケアチェック)」の指標として独自に開発した健康評価指数である「健全年齢」を算出するための「歩行能力を基軸とする健全年齢評価方法」が、一般財団法人 日本規格協会(JSA)が定める規格として新たに制定されたのでお知らせします。

 今回制定されたのは、JSA規格JSA-S1006「歩行機能を基軸とするデータベースを活用した健全年齢の求め方」です。「ASICS HEALTH CARE CHECK」を構成する3要素の中から「歩行機能」を基軸に、「身体機能」および「認知機能」を含めた複数の測定値を割り出し、これを基にデータベースを活用しながら実年齢と比較し、心身の総合的な健全性を評価する「健康指標(健全年齢指標)」の求め方について規定されています。本規格で用いる主な用語、定義、測定条件などのほか、歩行、身体、認知における各機能の測定項目を選定し、各指標の算出方法を定めています。

 歩行、身体、認知という各項目の個別の健康評価指数はこれまでにも存在しましたが、3つを組み合わせた心身の総合健康評価指数はありませんでした。今回の規格制定により、人々の現在の心身の健康状態および将来の健康寿命や健康リスクの把握と健康増進のモチベーション維持向上の助けとなることはもとより、健康寿命延伸という社会課題解決に寄与する有用な指針となることが期待されます。

 当社は、ビジョンである「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」の実現に向け、従来のプロダクト領域のみならずサービス領域においても積極的に事業拡大を推し進めています。今後もあらゆる角度からお客さま一人ひとりに最適な価値を提供することで、健康的で豊かなライフスタイルの実現に貢献することを目指します。

【ご参考】
〇ASICS HEALTH CARE CHECKについて
https://ahcc.asics.com/


〇企業向け健康増進プログラム 「ASICS HEALTH CARE CHECK」を事業化
(2019年11月28日付プレスリリース)
https://corp.asics.com/jp/press/article/2019-11-28-1



戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら