男女平等の課題に対するアシックスの姿勢について。さらに詳しく
お知らせ さらに詳しく

運動が頭脳を研ぎ澄ます 運動と「認知機能」の相関性に関する研究報告

2023.01.19 PRESS
KV.jpg

 アシックスは、このたび、運動と「認知機能」の相関性について研究を行い、運動することで頭が研ぎ澄まされるなどの改善が見込めることを明らかにしました。

 今回の研究では、eスポーツ、チェスなど高い思考能力を用いて競われるマインドスポーツのプレーヤー(以下、マインドアスリート)である20か国77人を対象※1に、2022年5月から9月にかけて4か月にわたる運動プログラム(週平均150分程度の有酸素運動と筋力トレーニング)を実施しました。

※1 18歳以上で週に30分未満の運動しか行っていないマインドアスリート

 研究は運動とメンタルヘルス研究の第一人者であるブレンドン・スタッブス博士が主導し、マインドアスリートは世界的なトレーニングコーチのアンドリュー・カスター氏によって考案されたトレーニングプログラムに従いました。ブレンドン・スタッブス博士は、4か月の研究期間中、マインドスポーツ、認知テスト、健康アンケートの成績に基づき、参加者の精神的改善を測定しました。

 その結果、マインドアスリートの「認知機能」が平均で10%向上し、その中でも「問題解決能力」は9%、「短期記憶能力」は12%、「処理速度」と「注意力」もそれぞれ10%向上しました。また、「自信」は44%、「集中度」は 33% 向上しました。さらに「不安感」においては43%の改善が見られました。これらの結果はマインドアスリートのパフォーマンスにも影響し、プログラムに参加したプレーヤーの世界ランキング上昇率は75%を示しました。

 これらは、心と体の密接な相互作用をあらわしており、運動が「認知機能」にポジティブな影響を及ぼす可能性があることを示しています。


〇ブレンドン・スタッブス博士のコメント

私たちは、高い思考能力を備えるマインドアスリートに対する運動効果を調べたいと考えていました。今回の研究結果は、問題解決能力や集中度など、「認知機能」の大幅な改善を示しています。

運動は脳内の細胞の成長を刺激し、海馬と前頭前皮質への血流を増加させます。これにより、記憶の保持、情報の処理、問題の迅速な解決が可能になります。

このことは私たちにとって良い影響があると考えます。例えば、試験に向けた学習の際に集中力を高めたり、仕事でのプレゼンテーション前に注意力を高めたりするなど、運動は脳を活性化することが期待できます。

ブレンドン・スタッブス博士は、運動がマインドアスリートの「認知機能」とパフォーマンスを改善したことを示すだけでなく、メンタルヘルスにおけるスコア※2が31%向上したことも発見しました。研究開始時のプレーヤーの平均スコアは「58」未満でしたが、終了時には「76」と高く、運動がメンタルヘルスにも大きな影響を与えることを示しています。

※2 10の認知的および感情的特性(冷静さ、しなやかさ、ポジティブさ、充実感、リラックス、自信、鋭敏さ、穏やかさ、集中度、エネルギッシュさ)を独自の方法でそれぞれスコア化。スコアが高いほどポジティブな精神状態であるといえます。


〇アンドリュー・カスターコーチのコメント

マインドアスリートの多くは、研究開始時に1分以上ジョギングすることができなかったため、トレーニングプログラムを適度なものにする必要がありました。週に150分というと多いように聞こえますが、細かく分けると、30分×5セットといった考え方もできます。運動レベルに関係なく、メンタルヘルスへのポジティブな影響はすべての人が享受できます。

本研究のドキュメンタリームービー「マインドアスリート-彼らが挑む実験ドキュメンタリー」が3月下旬からAmazonプライム・ビデオで配信されます。

チェス、麻雀、メモリースポーツ、eスポーツを行う4人のマインドアスリートに焦点をあてたムービーで、ナレーションはメンタルヘルスの運動家でもある世界的な俳優のスティーブン・フライ氏が務めています。


〇株式会社アシックス 常務執行役員 甲田知子のコメント

アシックスは、「健全な身体に健全な精神があれかし」を創業哲学に掲げ、世界中のすべての人々の心身の健康向上に寄与するプロダクト、サービスの提供を目指しています。

今回は新たに、運動がもたらす「認知機能」への影響について明らかにしました。ドキュメンタリームービーを通じて、世界中のすべての人々が脳を活性化するために運動したいと思うようになることを願っています。今後も、運動・スポーツによるポジティブな効果をさらに発信していくなど、新たな取り組みを推進していきます。

PDF版のダウンロードはこちら

プレスリリースに戻る