男女平等の課題に対するアシックスの姿勢について。さらに詳しく
お知らせ さらに詳しく

メインモデルに俳優の滝藤賢一さんを起用! 「ASICS WORKING FASHION SHOW」特設サイトを開設

2022.08.23 PRESS


220823アシックスワーキングファッションショー1.jpg

 アシックスジャパンは、働く人の足元を支えるワーキングシューズのファッションショー「ASICS WORKING FASHION SHOW(アシックス ワーキング ファッションショー)」をこのたび開催しました。その模様を特設サイトで8月23日から一般公開します。

「ASICS WORKING FASHION SHOW」特設サイト

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/working/fashion-show

 今回のファッションショーは、「シゴトはもっと楽しめる。」をテーマに、建築、建設、土木、製造業をはじめ、物流やレスキュー、厨房、メディカル、モータースポーツなど「現場で働く人」にスポットライトを当て、業務に従事する方への感謝や尊敬の気持ちを込めて企画しました。男性8名と女性7名の総勢15名のモデルが、さまざまな業種のファッションに身を包み、滑りやすいスロープを歩く耐滑ゾーン、水たまりの上を歩く防水ゾーン、デリケートな足裏感覚が要求される足場ゾーンなど、「アシックス ワーキングシューズ」の機能を表現するユニークなセットからなるランウェイを歩きました。

 メインモデルには、俳優として活躍し、ファッションアイコンとしても近年注目されている滝藤賢一さんを起用しました。下積み時代に多くのアルバイトを経験し、さまざまな業種の役柄を演じる滝藤さんが、「アシックス ワーキングシューズ」の魅力を伝えています。

 なお、ファッションショーは6月30日に東京のアシックスジャパン本社で行いました。

〇滝藤賢一さんのコメント

ファッションショーは緊張感があり、とても気持ちよかったです。まずシューズを履いた瞬間、「軽い」と思い、スポンジを履いているような感覚でした。ランウェイには急な坂もありましたが、吸い付くような感じで足がブレず、安定感にも優れていました。

 さまざまな職業の方たちが、かっこいいシューズを履いて働けるというのはすごくいい時代になったと思います。また、現場でお仕事をされる女性もよく見かけるようになりましたが、いろいろとお洒落も楽しめるのではないでしょうか。

 「現場で働く人」、一人ひとりのことを考えながら作られたこの素敵なシューズを、より多くの方に使っていただきたいと思います。

滝藤賢一

1976年生まれ、愛知県出身。1998年~舞台を中心に活動後、08年、映画『クライマーズ・ハイ』で一躍脚光を浴び、以後数々の映画やドラマに活躍中。主演映画「ひみつのなっちゃん」が、23年1月13日より新宿ピカデリー他、全国公開が控えている。

S__28598318low.jpg

〇アシックスジャパン株式会社 代表取締役社長 小林淳二のコメント

 近年はワーキング市場に変化が見られ、女性ワーカー、高齢者ワーカー、外国人労働者などますます多様な構造になってきています。また、DIYなどのソフトユーザーも増えており、用途やシーンに応じた機能とデザインの両立が求められています。

今後も、現場の状況に適した製品を開発していくとともに、さまざまな取り組みに挑戦し「アシックス ワーキングシューズ」の魅力をお伝えしていきます


〇おすすめ商品のご紹介

 靴底には油分を含んでも劣化や形状変化をしにくくした、耐油性と耐摩耗性に優れた独自開発の「CPグリップソール」を採用しています。かかと部にはスポーツシューズにも採用している衝撃緩衝機能「GEL(ゲル)」テクノロジーを搭載し足にかかる負担を軽減します。また、歩行動作にあわせて足裏部分に空気を取り込み不快なムレを抑える独自構造「エアサイクル」システムを搭載しています。

シューズ画像.JPG

品 名

ウィンジョブ CP212 AC

ウィンジョブ CP305 AC

品 番

1271A045

1271A035

価 格

12,980円(税込)

12,980円(税込)

カラー

メトロポリス×ピンクグロー

クラシックレッド×ホワイト


〇「アシックス ワーキングシューズ」について

 1999年にアシックスのワーキングシューズは生まれました。それまでの作業用シューズは安全性を第一にうたう反面、履き心地や見た目は重要視されていませんでした。そこでアシックスはスポーツシューズで培った技術とノウハウを活用し、安全性はもちろん快適でデザイン性にも優れたワーキングシューズの開発に取り組んできました。デビューから20年以上たった現在では、さまざまな業種のお客さまにお使いいただき、高い評価をいただいています。

 また、巣ごもり需要などによりブームとなっているDIYでも、安全に配慮して作業するために「アシックス ワーキングシューズ」の着用をおすすめしています。

〇アシックスジャパン ワーキング公式サイト

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/working

〇アシックスジャパン ワーキング公式アカウント

https://www.instagram.com/asics_working

〇アシックスジャパン 公式YouTube チャンネル

https://www.youtube.com/user/ASICSJAPANMOVIE

PDF版のダウンロードはこちら

プレスリリースに戻る