男女平等の課題に対するアシックスの姿勢について。さらに詳しく
お知らせ さらに詳しく

睡眠の視点から人々の健康サポートを目指す「Sleep Innovation Platform」に参画

2022.03.17 PRESS

 株式会社アシックス(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長COO:廣田康人、以下「アシックス」)は、このたび、西川株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:西川八一行、以下「西川」)が3月18日の「世界睡眠デー」に設立する、国民の健康やQOL(クオリティオブライフ)向上を睡眠の視点から支援することを目的とした、睡眠マネージメントに関する産学連携コンソーシアム「Sleep Innovation Platform(スリープ イノベーション プラットフォーム)」に参画※1することになりました。

  • ※1 参画団体・企業は、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構、株式会社アシックス、伊藤忠商事株式会社、株式会社S’UIMIN、東京海上日動火災保険株式会社、西川株式会社、日本生命保険相互会社、パラマウントベッド株式会社(50音順)


 睡眠は、生活習慣自体を形作り、健康的な生活を過ごすためにも欠かすことのできないものです。「Sleep Innovation Platform」では、既存の睡眠サービス・商品開発を行う企業、生活者との接点を有する企業、先進の睡眠研究を行うアカデミアが連携し、睡眠をベースとしたイノベーションという視点から国民の健康増進・予防などに貢献することを目指しています。

 活動方針は、「睡眠サービスの品質向上」「さまざまな事業者間連携による高付加価値ビジネスモデルの検討・開発」「睡眠データの利活用促進に向けたルール・基盤整備」の3つが軸で、本コンソーシアム参画メンバーによるワーキンググループを設置し、共同調査、実証実験、企画・開発などを進めます。


 アシックスは、主に運動と睡眠の関係について研究します。睡眠データや睡眠効果などのエビデンスを収集、蓄積、分析し、睡眠サービスの品質チェックの基準作りに取り組み、それを普及させることで睡眠サービス全体の品質向上につなげていきます。また、さまざまな企業との連携により、睡眠サービス以外の健康増進やQOL向上に役立つサービス開発に発展することも期待しています。

取り組みの成果は公式ウエブサイト※2などを通じて公表する予定です。


睡眠

「Sleep Innovation Platform」の関連領域


 また、西川とアシックススポーツ工学研究所は、かねてから両社の知見を生かした研究を進めており、西川が運営している会員制の地域コミュニティクラブ「FitMin(フィットミン)」において、アシックス監修の眠りのためのエクササイズ「B!sleep(ビースリープ)」を展開しています。今回の参画により、運動が快適な睡眠に与える効果のエビデンスの構築など、運動と睡眠に関する研究をさらに深めることで、「B!sleep」の展開拡大や健康快適事業領域における新たなビジネスモデルの構築を推進していきます。

 アシックスは、「健全な身体に健全な精神があれかし」を創業哲学に掲げ、世界中のすべての人々の心身の健康向上に寄与するプロダクト、サービス、環境の提供を目指しており、今回の参画も創業哲学を体現するための取り組みの一環です。今後もあらゆる角度からお客さま一人ひとりに最適な価値を提供することで、健康的で豊かなライフスタイルの実現に貢献していきます。

〇ご参考(2021年3月1日付プレスリリース)
低酸素環境下における運動が睡眠に与える影響に関する臨床試験を実施
※本コンソーシアムのアカデミアメンバーである西野精治氏が代表を務める株式会社ブレインスリープと共同で実施
https://corp.asics.com/jp/press/article/2021-03-01

PDF版のダウンロードはこちら

プレスリリースに戻る