男女平等の課題に対するアシックスの姿勢について。さらに詳しく
お知らせ さらに詳しく

アシックス製品5点がグッドデザイン賞を受賞

2021.10.20 PRESS

 アシックスは、このたび、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2021年度グッドデザイン賞」において、当社製品5点が「グッドデザイン賞」を受賞したのでお知らせします。

グッドデザイン賞

「グッドデザイン賞」受賞商品

(1)ランナー向けパーソナルコーチングサービス「Runmetrix」/品番:CMT-S20R-AS

 スポーツを通じて健康で活気ある社会の実現を目指し、アシックスとカシオ計算機の価値共創事業の第1弾としてリリースしたランナー向けパーソナルコーチングサービスです。

<審査員の評価コメント>

 組織の枠を超えた同じビジョンを持つ企業同士のシナジーによって製品が企画開発されたユニークなプロジェクト背景。また、その共創によって生み出されたコーチングシステムというアイデアが製品デザインにおいて効果的に表現されている点が高く評価された。使用される状況や、使い勝手にも配慮が行き届いており、デザイナーのこだわりが製品の細部に現れている。

※当社とカシオ計算機の共同受賞

<商品ページ>

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/running/motionsensor


キャプチャ


(2)フェイスカバー 「ASICS SPORTS FACE COVER」/品番:3033B583

 アシックス独自のテクノロジーを搭載し、安全・安心面にも配慮しながらスポーツを楽しむためのスポーツフェイスカバーです。12月3日発売予定です。

<審査員の評価コメント>

 呼気を下方に排出する構造とフェイスカバー内の空間を確保する立体構造により、非常に呼吸がしやすく運動時に適している。また長さの調整が可能なコードにより激しい運動にもカバーがずれることがなく、軽量な素材も相まって付けていることがストレスにならない優れた製品である。

キャプチャ


(3)エコバッグ 「GREEN BAG」/品番:3033B576

 不要になった衣類を活用した100%リサイクル素材のエコバッグ「GREEN BAG」です。100年間の気温上昇をドット柄で示し、不規則な曲線は、風や波など大地の鼓動を表現しています。対照となる規則的な線は、その中に生きる意志を持った人の存在を表し、交じり合いつながることで、共存共生を目指す姿を描いています。収益金の一部で子どもの健全育成活動「ONE FUTURE PROJECT」を支援するモノとコトを連動させた、地球環境と社会のためにソーシャルグッドなデザインを提案しています。

<審査員の評価コメント>

 資源のリサイクルを生活に無理なく接続することを目的として、活動全体が象徴的なフォルムのエコバッグに落とし込まれている。バッグの色やメッセージが込められたプリントは使用者にとっても心地よい。リサイクル活動はゴミの仕分けに代表されるようなルールへの負担感がついて回りがちだが、このバッグを使用するだけで環境保護活動に自然に参加できる仕組みとして提案されている点で、オリジナリティーを伴う優れたプロダクトと言える。

<商品ページ>

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/greenbag


キャプチャ


(4)サッカーシューズ 「DS LIGHT X-FLY PRO」/品番:1101A025

 フットボーラーのスピードを高いレベルで引き出す軽量サッカースパイクシューズです。3Dデジタル設計技術により、重量や機能性を予測しながら設計を行うことで、従来のサッカースパイクシューズを凌駕する軽さと屈曲性を提供します。足とシューズが一体となり、優れたスプリント力を追求しました。

<審査員の評価コメント>

 昨今のスポーツ用品の開発、特にフットウェア開発は緻密なニーズ分析と画期的なアイデアが鎬を削る非常にコンペティティブなエリアである。本製品の開発も複数の設計変数が組み合わされた複雑なデザイン要件に対応したものであると推測できるが、3Dデジタル技術を活用した新しいデザインの手法を開発することでより良い製品開発を実現している。機能と外観意匠のより良い調和点を見つける為に、開発手法から新しいアイデアを取り入れた設計アプローチが高く評価された。

<商品ページ>

https://www.asics.com/jp/ja-jp/ds-light-x-fly-pro/p/1101A025-100.html?width=STANDARD


キャプチャ


(5)野球用グローブ「トレーニンググラブFG」/品番:3121A553

 捕球時の正しい使い方を学ぶことができるトレーニングに特化した野球用グラブです。“あて捕り” “掴み捕り”と特性の違うボールの捕り方を1つのグラブで練習でき、普段の利き手ではない手でも練習可能な左右両投げ構造を採用しています。

<審査員の評価コメント>

 明快な開発コンセプトを実現するために綿密なリサーチを重ねた様子が伺える。さまざまなアイデアや知見が画期的な製品開発に結実しており、その点が高く評価された。強度のある製品企画を軸にしながら、細部にまで開発者やデザイナーのこだわりが表出しており、製品の機能のみならず、外観の出来栄えも素晴らしい。

<商品ページ>

https://www.asics.com/jp/ja-jp/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%96fg/p/3121A553-004.html?size=OS


キャプチャ


詳細はグッドデザイン賞のウエブサイト(http://www.g-mark.org/)をご参照下さい。

PDF版のダウンロードはこちら

プレスリリースに戻る