男女平等の課題に対するアシックスの姿勢について。さらに詳しく
お知らせ さらに詳しく

投資子会社「アシックス・ベンチャーズ株式会社」が尿・唾液検査を行うホームヘルスラボを通じて手軽な健康データの管理や健康増進を支援するスタートアップ企業「Bisu, Inc.」に出資

2021.10.07 PRESS
TOP.jpg


 

 株式会社アシックス(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長COO:廣田康人)は、このたび、当社の投資子会社であるアシックス・ベンチャーズ株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:蔭山広明 以下、アシックス・ベンチャーズ)が、マイクロ流体技術を用いた尿・唾液検査を通じて手軽に健康データの管理や健康増進を支援するホームヘルスラボ事業を行うスタートアップ企業のBisu, Inc.(2015年3月設立、CEO Daniel Maggs 以下、Bisu(ビース))に出資したことをお知らせします。

 Bisuは、尿・唾液検査によって手軽な健康データへのアクセスや個々に応じた栄養・生活アドバイスを提供するホームヘルスラボ「Bisu Body Coach(ビースボディコーチ)」を開発中で、スマートフォンで健康管理するアプリケーションと独自開発した使い捨てのマイクロ流体テストスティック、および小型検査デバイスから構成されるサービスの提供を予定しています。小型検査デバイスは持ち運び可能で、ひとつの検査デバイスで複数人が使えるため、自宅・オフィス・ジムなどで利用できます。検査後には、お客さまにとって重要な栄養素や目標、コンディションに合わせた生活アドバイス、検査結果などがアプリに届く仕組みとなっています。この検査および分析結果は、医師やトレーナー、家族など指定した人への共有が可能です。

マイクロ流体テストスティックと併用アプリ

(左)小型検査デバイス、マイクロ流体テストスティックと併用アプリ
(右)目的に応じて複数種類を使い分けられる使い捨て型マイクロ流体テストスティック


 当社では、中期経営計画2023の重点戦略のひとつに「次世代技術によるイノベーション創造」を掲げ、積極的に外部リソースを活用し、イノベーションを加速させることに取り組んでいます。今回の取り組みもその一環で、世界の人々の心身の健康に貢献する活動をさらに推進すべく、ホームヘルスラボ「Bisu Body Coach」によって収集されるデータを生かした分析診断やサービス提供を通して、一人ひとりの健康及び運動パフォーマンスの維持・向上のサポートを目指していきます。

 今後もアシックス・ベンチャーズを通じて、当社グループとの連携により価値創造が期待できるスタートアップ企業を発掘し、各社との協業を通じてお客さま一人ひとりに新たな価値を提供する製品やサービスの開発をさらに推進していきます。


<Bisu, Inc.の概要>
社名:Bisu, Inc.
本社所在地:東京都中央区八重洲2−5−9八重洲共同ビル6F
代表者:CEO Daniel Maggs
事業内容:ホームヘルスラボ「Bisu Body Coach」を通じた手軽な健康データの管理や健康増進の支援
URL:https://www.bisu.com/


<アシックス・ベンチャーズ株式会社の概要>
社名:アシックス・ベンチャーズ株式会社
本社所在地:神戸市中央区港島中町7-1-1(株式会社アシックス本社内)
代表者:代表取締役社長 蔭山 広明
事業内容:スタートアップ企業への出資、事業開発推進
URL:https://corp.asics.com/jp/ventures/

PDF版のダウンロードはこちら

プレスリリースに戻る