男女平等の課題に対するアシックスの姿勢について。さらに詳しく
お知らせ さらに詳しく

投資子会社「アシックス・ベンチャーズ株式会社」が 筋骨格系疾患の予防医療に取り組むスタートアップ企業 「株式会社ジャパンヘルスケア」に出資

2021.07.20 PRESS

 株式会社アシックス(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長COO:廣田康人)は、このたび、当社の投資子会社であるアシックス・ベンチャーズ株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:蔭山広明 以下、アシックス・ベンチャーズ)が、ひざや腰の痛みなど、筋肉や骨に関する筋骨格系疾患の予防システムの構築を目指すヘルスケア・スタートアップ企業の株式会社ジャパンヘルスケア(本社:東京都江東区、代表取締役医師:岡部大地 以下、ジャパンヘルスケア)に出資したことをお知らせします。


 ジャパンヘルスケアは日本で数少ない足病医(足の専門医)の1人である岡部大地氏が2017年6月に創業したスタートアップ企業で、「100歳まで歩ける社会をつくる」をビジョンに掲げ、スマートフォンで撮影した足の写真を解析して作るオーダーメイドインソール「HOCOH(ホコウ)」を開発・販売しています。「HOCOH」は、履くだけで足から全身のバランスを安定させ、身体全体への負担を軽減できるインソール(中敷)で、特に足腰の悩みをもつ方々から支持されています。また同社は、アシックスが2020年10月から2021年2月にかけて開催したスタートアップ企業とのアクセラレーター(事業連携推進)プログラム「ASICS Accelerator Program(アシックス・アクセラレーター・プログラム)」で最優秀賞を受賞しています。

2021年2月22日「ASICS Accelerator Program」最優秀賞 受賞風景
左:株式会社アシックス 代表取締役社長COO 廣田康人
右:株式会社ジャパンヘルスケア 代表取締役医師:岡部大地氏


 当社は、「中期経営計画2023」の戦略目標のひとつに「事業活動を通したサステナブルな社会の実現」を掲げ、世界の人々の心身の健康とスポーツができる環境を守ることを目指しています。

 このたびの出資もその一環で、“100歳まで歩ける社会”の実現に向けて、まずは両社で小中学生を対象とした「足健診(足の健康診断)」※の実証実験に取り組んでいきます。将来的には「足健診」を通じて子どもの頃から足をケアする文化を広め、子どもたちの足と未来の健康づくりをサポートすべく、製品やサービスの開発も検討していきます。

 今後もアシックス・ベンチャーズを通じて、当社グループとの連携により価値創造が期待できるスタートアップ企業を発掘し、各社との協業を通じてお客さま一人ひとりに新たな価値を提供する製品やサービスの開発をさらに推進していきます。


※足の写真を撮影し、医師・理学療法士が解析する「足の健康診断」サービス。撮影はスマートフォンで簡単にできる仕様で、足病医と足病医学のスペシャリストである理学療法士が解析を担当します。解析の結果、ケアの必要性が高いと考えられる児童・生徒には、適切な靴やインソールの提案、足について学ぶ「足育プログラム」を提供することを目指していきます。


<株式会社ジャパンヘルスケアの概要>
社名 :株式会社ジャパンヘルスケア
本社所在地 :東京都江東区1-6-15
代表者 :代表取締役医師 岡部大地
事業内容 :オーダーメイドインソール「HOCOH」の開発・販売
URL :https://jp-hc.com/


<アシックス・ベンチャーズ株式会社の概要>
社名:アシックス・ベンチャーズ株式会社
本社所在地 :神戸市中央区港島中町7-1-1(株式会社アシックス本社内)
代表者 :代表取締役社長 蔭山広明
事業内容 :スタートアップ企業への出資、事業開発推進
URL :https://corp.asics.com/jp/ventures/

PDF版のダウンロードはこちら

プレスリリースに戻る