元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんが 「RUNWALK」シリーズのアンバサダーに就任

国名: Japan
リリース日: 2020.08.18


 アシックスは、このたび、株式会社HiRAKU代表取締役・元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんを「RUNWALK(ランウォーク)」シリーズのアンバサダーに起用しました。

 今後は、各メディアやSNS、広告やカタログ、各種イベントなどを通じて「RUNWALK」シリーズのブランド価値を高めていただく活動にご協力いただきます。

 本契約は、廣瀬俊朗さんご本人に日ごろから当社シューズを着用いただき、製品について高い信頼をいただいていること、ラグビーでの経験をベースにスポーツの価値を広げながら起業家として活躍されている姿が「RUNWALK」シリーズのイメージに合致していることから実現しました。

 8月18日から開設する、“ドレススポーティシューズ”「ASICS RUNWALK LEAD(アシックスランウォークリード)」のスペシャルウエブサイトから、廣瀬俊朗さんを起用したビジュアルが登場します。


〇廣瀬俊朗さんのコメント

 普段から移動が多く、足への負担はすごく気になりますが、「RUNWALK」だと気にせずに仕事に集中できるので、パフォーマンスが上がる気がしますね。靴の大切さは、ラグビー選手時代から今も変わらず感じていますので、心地よく歩けるその魅力をみなさまに伝えていきたいです。どこまでも気持ちよく歩ける「RUNWALK」のような靴が当たり前になってくれたら、うれしいです。

〇廣瀬俊朗さんのプロフィール 

 元ラグビー日本代表主将。ポジションはスタンドオフ、ウイング。高校日本代表、U19日本代表に選出される。慶應義塾大学を経て東芝ブレイブルーパスに入団し、主将として日本一を達成。2007年には日本代表選手に選出され、2012年から2013年まで主将を務めた。ワールドカップ2015イングランド大会では、メンバーとして南アフリカ戦の勝利に貢献。ワールドカップ2019では公式アンバサダーに就任。国歌を歌って、各国の選手・ファンをおもてなしするScrum Unisonというプロジェクトを立ち上げた。2019年3月、株式会社HiRAKUを設立。スポーツ普及と教育に重点的に取り組んでいる。著書に『ラグビー知的観戦のすすめ』(角川新書)『なんのために勝つのか。』(東洋館出版社)

「RUNWALK」シリーズについて

 「RUNWALK」シリーズは、“走れるビジネスシューズ”をコンセプトに、1994年から発売を開始しています。当社ランニングシューズや競技用シューズにも採用している素材や機能構造を取り入れた高いクッション性やフィット性などを備えた高機能、かつスタイリッシュなフォルムが特徴です。2018年7月には、「RUNWALK」シリーズの単独直営店「ASICS RUNWALK GINZA」を東京・銀座にオープンしました。2020年8月21日からは、「Life to Enjoy、Active、Dynamic」をコンセプトにした「RUNWALK」シリーズの最上位モデル「ASICS RUNWALK LEAD」を新たに展開します。


              「ASICS RUNWALK LEAD」

〇「ASICS RUNWALK LEAD」スペシャルウエブサイト

https://walking.asics.com/jp/ja-jp/mk/lead_interview

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら