デジタル分野の強化 アシックス無料会員サービス「OneASICS」 ポイントプログラムの導入を開始

国名: Japan
リリース日: 2020.07.07


 アシックスジャパンは、デジタル戦略強化の一環として、アシックス無料会員サービス「OneASICS(ワンアシックス)」で、ポイントプログラムを導入することになりました。

 ポイントは7月8日から提供を開始し、同日から順次利用可能となります。

 「OneASICS」は、2018年12月にスタートしました。会員の方には、メールマガジンでの新商品情報の配信、アシックスオンラインストアでのお買い物の送料無料サービス、各種イベントへのご招待など、さまざまなサービスを提供しています。

 ポイントは、アシックスオンラインストア※1やアシックスジャパンが運営する店舗で会員の方が商品を購入すると発生し、次回のお買い物から対象店舗で利用できます。また今後は、都市型低酸素環境下トレーニング施設「ASICS Sports Complex TOKYO BAY(アシックススポーツコンプレックス東京ベイ)」やランニング施設併設型店舗「ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI(アシックスラン東京丸の内)」などを体験できるよう拡充していきます。

 将来的には、フィットネス・トラッキング・アプリ「ASICS Runkeeper(アシックス ランキーパー)」と連携し、オムニチャネルを開拓します。

 商品購入以外でもポイントを獲得でき、体験型サービスも一層充実させていくなど、アシックスが持つデジタル資産をフル活用し、お客さま一人ひとりに合致した楽しみを提供できるよう、パーソナライゼーションをはかりシステムを構築していきます。

 アシックスは、「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」をビジョンに掲げ、世界の人々の健康で幸せな生活が実現できる製品やサービスの提供につとめています。

 また、中期経営計画「ASICS Growth Plan(AGP)2020」のコア戦略として、「DTCマインドへの転換」※2と「顧客基盤の拡大」、「デジタルを通じたスポーツライフの充実」を目指し、お客さまとの直接的なコミュニケーションを重視したマーケティング活動を推進しています。

※1 「オニツカタイガー」「ホグロフス」ブランドは対象外

※2 商品企画から販売まですべてのプロセスを、お客さまと直接的なコミュニケーションが可能なDTC(Direct to Consumer:直営店および自社運営のEコマースの総称)起点に転換すること。

〇「OneASICS」特設ページ

https://www.asics.com/jp/ja-jp/oneasics-landing/

〇直営店舗一覧 (ポイントのご提供・ご利用ができない店舗も一部含みます)

https://www.asics.com/jp/ja-jp/stores/


戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら