全世界を対象に2020年夏から順次切り替え 環境配慮型シューズボックスを導入

国名: Japan
リリース日: 2020.04.15


 アシックスは、サステナビリティに配慮した取り組みの一環として、全世界を対象に、シューズボックスの仕様を全面的に見直し、環境に配慮したシューズボックスに2020年夏から順次切り替えます。対象は「アシックス」ブランド(一部を除く)で、これにより、CO2の排出量が年間約1200トン削減できる見込みです。
 今後は「オニツカタイガー」「ホグロフス」の両ブランドを含むすべての当社シューズを対象に切り替えを検討していきます。

〇環境配慮型シューズボックスの概要
・100%再生紙を採用、紙の使用量を約10%削減(当社従来比)
・水性インクを採用、インクの使用量を約50%削減(当社従来比)

 当社では、2030年に向けたCO2排出量削減目標を設定しており、サプライチェーンにおいて、製品あたりのCO2排出量を2015年比55%削減することを目指しています。本取り組みはその一環として実施するもので、ほかにも、2030年までにシューズアッパー(甲皮)およびウエアに使用されるポリエステル材を100%再生ポリエステル材に切り替えるという目標を設定するなど、さまざまな取り組みを行っています。

 当社は、「私たちを取り巻く環境をまもり、世界の人々とその社会に貢献する」を企業理念の一つに掲げ、持続可能で公正なスポーツ用品業界の実現を目指す全てのビジネスパートナーとともに、社会と環境に配慮した事業活動を続けています。
 今後も引き続き、事業のあらゆる場面でサステナビリティに配慮した取り組みを推進し、持続可能な社会の実現への貢献に努めます。

〇アシックスの2030年に向けたCO2排出量削減目標について
              
           https://corp.asics.com/jp/csr/operation/co2

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら