characteristics

ランニングやジャンプの着地時の衝撃を緩衝することで、足への負担を軽減します。

STRUCTURE

せん断変形は,荷重の向きに対して、ミッドソール材やGELを傾斜させる、または斜めの溝を設ける構造です。傾斜や溝の方向を変化させることで、クッション材の効果的な変形を促し、クッション性を高めます。※イラストはイメージです。
STRUCTURE

background

ランニングやジャンプの着地動作では体重の何倍もの荷重がかかり、足に大きな負担がかかります。 衝撃を緩衝するためにクッション材を搭載しますが、ソールに搭載できるクッション材の面積は限られています。そこで、限られた面積でも効率よくクッション性能を発揮できる構造として開発されました。