characteristics

ランニング動作中に起こるかかとのズレを抑え、シューズのかかと部のフィット性と安定性を向上させることで運動パフォーマンスをアップさせます。

STRUCTURE

かかとをつかむような形状の樹脂パーツをシューズのかかと部に配置しています。このパーツが、人によって異なるかかとの形や幅に沿うように設計しています。 ※イラストはイメージです。
STRUCTURE

background

かかとのズレは、シューズとかかとの隙間が要因の一つに挙げられます。かかとがズレることでシューズの追従性が悪くなり、パフォーマンスが低下します。そこで、最適化設計を行い、ヒールカウンターの形状をさまざまな形状のかかとに対応できるように開発されました。