MOVE SMARTER
環境への配慮


国民の皆さまを巻き込んだサステナブルな循環型ものづくり
皆さまから回収した思い出のウェアから東京2020オリンピック・パラリンピック日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアを制作

詳細はこちら

15.7%

事業所からの
直接的なCO2排出量を
2019年に削減(2015年対比)


93.1%

事業所からの
廃棄物を再利用
またはリサイクル


100%

石油由来の
ポリエステル材を
再生ポリエステル材に
2030年までに切り替え


16.4%

事業所での
再生可能エネルギー比率


55%

製品あたりのCO2排出量を
2030年までに削減(SBT目標)


38%

事業所からの
CO2排出量を2030年
までに削減(SBT目標)

  • 持続可能な製品・サービス

    製品の環境配慮の追求は、イノベーションや製品機能の改善にもつながります。アシックスは、人々や社会、環境にとってより良い製品・サービスを作りたいと考えています。

    詳細はこちら
  • 製品の安全性と品質の管理

    アシックスは製品の安全性と品質を重大な責務と捉えています。アシックスは、事業を展開している全ての国で、化学物質の製品、環境、人に対する安全性に関わる法規を順守します。

    詳細はこちら
  • 環境マネジメントシステム

    アシックスのグローバル環境方針に基づき、全事業所でPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)のサイクルに基づき、継続的改善に取り組んでいます。

    詳細はこちら
  • エネルギー効率とCO2排出量

    2015年の国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)に先駆け、「科学的根拠に基づいた目標設定計画(SBT)」に基づいた温室効果ガスの排出削減目標設定を掲げています。

    詳細はこちら
  • 廃棄物と資源効率

    アシックスは、廃棄物の削減と埋め立て処分ゼロの活動に取り組んでいます。2020年の目標は、事業所からの廃棄物の98%を再利用またはリサイクルすることです。

    詳細はこちら

取り組みとレポート