x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

職種を知る

アシックスは今、世界をターゲットにビジネスを展開しています。ビジョン達成のため、各部署が連携してものづくりにこだわり、お客様に質の高いライフスタイルを提案しています。

1.グローバルマーケティング

アシックス本社のマーケティングは、グローバルが対象となります。

・コンシューマー&マーケットインテリジェンス
マーケットの動向や消費者の購買意欲、消費活動を調査、分析

・ブランドマネジメント
ブランドマーケティングは、モノではなく、消費者の頭の中のイメージを作る仕事です。ブランドロゴの使われ方を管理したり、統一されたキャッチコピー、ビジュアルの広告で全世界にイメージを発信したり、大きなイベントや有名選手を使ってアシックスのブランドを世界のお客様へ伝えていく役割を担っています。

2.商品企画

世界各地での消費者ニーズなどをもとに企画部門がコンセプトを作ります。ターゲットの設定や競合分析・現状の課題の洗い出しなどを行ない、1年半~2年先の市場性に合致するものを検討します。

3.研究(スポーツ工学研究所)

「Human centric science」にこだわり、人間の運動動作に着目・分析し、独自に開発した素材や構造設計技術を用いることによって、アスリートのみならず、世界の人々の可能性を最大限に引き出すイノベーティブな技術、製品、サービスを継続的に生み出します。大きく分けて6つの部門があります。

・構造設計
コンピュータシミュレーションや実験などを通じてシューズ、アパレル、用品用具の新しい構造の提案や機能評価方法の研究を行なう業務

・材料開発
新しいゴムや樹脂の配合および接着剤の研究・開発等、材料に関する基礎研究を行なう業務

・生産技術
省力化や不良削減・環境配慮のための生産技術の開発および量産化に伴う生産工場への技術指導・支援を行なう業務

・分析評価
材料レベルから商品までの化学的・物理的な分析・評価手法を研究するとともにこれらの分析・評価を行なう業務

・人間特性
人体の形状(体形、足形)や人の動きに関するデータを収集し、分析する。シューズ、アパレル、用品用具の材料・構造設計のための基礎研究や、システム開発(サービス)の研究を行なう業務

・スポーツ医学
関節や筋肉の特性研究に基づき、主に傷害予防や健康増進の観点からの商品構造提案やシステム開発に関する業務

対象となる学部…理系(バイオメカニクス、化学、AI、統計学、機械工学など)

研究職の社員インタビューはこちら


4.デザイン

デザイナーは、日本国内、海外で販売されるアシックス商品のデザイン全般に関わる業務を担当します。商品企画担当者によって立案される商品企画案を受け、機能特性や市場トレンド、そのシーズンのデザインに関する方向性を考慮した上でデザイン画を作成します。

その後のパターン(型紙)や図面の作成、ロゴやグラフィックの作成、カラーシミュレーション等、商品完成までのデザインに関する全てに対して責任を持つ業務です。

対象となる学部…デザイン学部

デザイン職の社員インタビューはこちら

5.商品開発

新しいシューズを作るときには、まず世界各地での消費者ニーズなどをもとに企画部門がコンセプトを作り、デザイナーがデザイン案を作ります。

商品開発の役割は、それらをどう製品にするのか、素材や材料構成などの具体的な内容を考え、工場に伝えて実際に形にしていくこと。できあがったサンプルを、学生選手やトップアスリートにテスト履きしてもらい、使用感を聞き取って改良を施すのも重要な仕事です。

商品開発職の社員インタビューはこちら

6.生産

商品化が決定した商品の本生産に移行する段取りを組み、納品までを管理します。工場の生産キャパシティを管理し、納期遅れがないよう調整します。工場は海外にあるため、現地に出張して直接交渉を行なうことも多いです。主に5つのチームに分かれています。

・生産管理
製品に使用する材料/資材、工場の生産足数のキャパシティ等を管理し、納期遅れしないよう調整に携わる部署です。

・原価管理
海外の生産工場や販社との折衝が主な仕事です。工場とは、生産内容や量、コストなど様々な交渉を行い、取引価格や諸条件を決めていきます。

・カスタム生産
プロ及びアマチュア選手やチームに対して足型計測をし、その人に合ったシューズを作製する部署です。


7.管理部門

ビジネスの方向性を定め、経営計画の達成に向けてアシックスグループで働く社員を支える、重要な役目を担う管理部門の一部についてご紹介します。

・経理財務
企業の資源である「ヒト・モノ・カネ」のうち、お金の管理や情報の収集・作成をする仕事です。

・経営企画
アシックスグループ全体の戦略の立案・策定、情報提供等トップのサポート、グループ全体の経営管理を行っています。

・法務
契約書の作成・審査・保管などの法務に関する業務や、株式・株主に関する業務のほか、コンプライアンスやリスクマネジメントに関する業務を担います。

・IT
IT部門では、お客様や従業員の要望に対して、 ITシステムを用いて様々な支援を行っています。 グローバルで蓄積された膨大な情報を分析、実績を可視化し、ITシステムのグローバルでの標準化や効率化を図り、優れたグローバルITオペレーションの追求をしていきます。

・人事総務
人財採用、教育研修、人事制度の策定、人財配置、労務管理、働く環境の整備などを行っています。


8.マーケティング(地域別)

アシックスジャパン及び海外販売会社でのマーケティングは、アシックス本社が発信した方針をもとに、各地域ごとのマーケティング戦略に落とし込み、実行します。

・カテゴリーマーケティング
カテゴリーごとの新商品に対するマーケティング戦略の立案を行います。

・マルチチャネルマーケティング
SNSやECなど、お客様とのタッチポイントにおける各種マーケティング活動を展開します。

マーケティング職の社員インタビューはこちら

9.営業

アシックスジャパン及び海外販社は、アシックス製品の各地域内における卸売、小売、マーケティング活動を主に行っています。営業先は、アシックス製品を仕入れて販売するスポーツ店などですが、その先にいるユーザーに少しでも多く製品を届けるため、ヒト(売る人)、モノ(商品)、コト(イベントなど)をつなぎつつ、新しいニーズをつかみ、市場を創造する役割も担っています。

営業職の社員インタビューはこちら

10.販売

販売職は、店頭で直接お客様に接する仕事です。 現在アシックスでは「アシックスストア」「オニツカタイガー」「アシックスタイガー」「アシックスウォーキング」「アシックスファクトリーアウトレット」「ホグロフス」の6業態を展開しています。

販売職の社員インタビューはこちら

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた活動
オリンピック・パラリンピック部門

スポーツ振興を通じて、健康で持続可能な社会の実現に貢献するべく、製品開発のサポートを行います。また、日本代表選手団ウェア、ボランティアスタッフウェア等、商品統括部との連携も行っています。

<主な業務内容>
インナープロモーション・ブランド調査・組織委員会出向・日本代表選手団対応・JOC/JPC関係業務・JOC/JPCイベント対応