x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

characteristics

T-GELは従来のGELに比べ、形状や搭載位置の自由度が高いため、構造設計によって優れた衝撃緩衝性能の発現が可能です。 しかも透明性がありデザイン性にも優れた材料です。

STRUCTURE

ポリウレタン、スチレン系エラストマーを主原料とした変形しやすい軟質素材です。シューズの踏み付け部やかかと部など、衝撃が大きい部位に搭載されています。※イラストはイメージです。
STRUCTURE

SHEAR DEFORMATION

せん断変形を生じやすい形状に設計することで、力を分散させて衝撃緩衝性を高めています。
SHEAR DEFORMATION

background

シューズの衝撃緩衝性をより高めるためには、GELの特性だけではなく、構造によって緩衝性を高めることが必要です。さまざまな形状に成型することができ、搭載位置も自由に設計できるGELとして開発されました。