Onitsuka Tiger 70th Anniversary × 7 Designers ブランド誕生70周年を祝したコラボレーションプロジェクト第七弾 Onitsuka Tiger × Tomohisa Yamashita 12月26日より発売

国名: Japan
リリース日: 2019.12.19

 1949年に誕生し、今年70周年を迎えた日本発のファッションブランド、オニツカタイガーは、ファッションとスポーツ、そしてヘリテージとイノベーションを融合させたコンテンポラリーなコレクションを展開しています。

 2019年7月3日、オニツカタイガーは誕生70周年を祝し、国内外で高い人気を誇るデザイナー7人とのスペシャルコラボレーションを発表しました。12月26日に発売するラストを飾る第七弾は、グローバルに活躍する山下智久氏とのコラボレーション。

 シューズは、アーカイブのフィールドブーツから着想を得た「RINKAN BOOT™」をベースに、グローバルで活躍する山下氏がシークレットゲストとしてデザインをアレンジ。 「旅をし続け、歩みを止めず、沢山の新しい人、景色、に出会い、何も色づいてなかった心がオリジナルの色に染まっていく。そんな瞬間をこの真っ白なオニツカタイガーの靴とともに体感して欲しいと言う願いを込めています。70年経っても、何度でも、その色を更新し続けるオニツカタイガーの歩みを止めない姿に共鳴し、今回ご一緒させていただけることをとても光栄に思います。そして、自分が旅の途中で出会った見たことのない鮮烈な赤色。その瞬間をシューボックスに刻ませていただきました。それぞれのペースで自分色にこの靴を染めていって欲しいと願います。」と山下氏は語ります。

 ベースモデルのもつラギッドすぎないフィールドブーツ感を生かしつつ、筒丈が約3㎝長いハイカットブーツ仕様にアレンジ。またヒール周囲にはラバーパーツを追加して、オリジナルとは違ったデザインのソールに仕上げている。カラーは旅からインスパイアされたWHITEカラー。それを表現するために今回はやわらかさとクリーンさを兼ね備えたWHITEのPIGスキンヌバックを採用した。シューレースはリフレクター仕様のロープレースが3本付属。純白のシューズ同様に光に映える仕様としている。またシューズBOXには山下氏がこのシューズを制作していた頃、スペインに滞在中、その鮮やかな色と木全体に咲き乱れる赤い花の美しさに特に印象に残った風景だったというホウオウボク(Delonix regia)の花/木を本人が撮影した写真をもとにしたグラフィックをプリント。花の赤、シューズの白の対比でジャパンらしさをイメージした。

 「GFWD」は山下氏が好きな言葉「邁進」をイメージして作られた造語。常に前向きであることを象徴的に表した言葉。このGFWDのグラフィックをシューズの中敷とクリアラバーソールにプリント。

 2019年12月19日より、以下特設サイトおよびSNSにて、特別に撮り下ろしたヴィジュアルやムービーを公開します。また、12月26日より一部を除く店舗およびECサイトにて展開予定。

特設サイト:
http://www.onitsukatigermagazine.com/70th-anniversary/gfwd
ECサイト:www.onitsukatigermagazine.com/store/user_data/70th-anniversary.php

価格:
シューズ¥18,000(ユニセックス)※全て税抜価格


#OnitsukaTiger #GFWD #70thANNIVERSARYx7DESIGNERS #OTG70x7


オニツカタイガーオフィシャルサイト:www.onitsukatiger.com
WEB MAGAZINE:www.onitsukatigermagazine.com
facebook:@OnitsukaTigerJapan
twitter:@ot_japan
Instagram:@onitsukatigerjp

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら