当社企業博物館「アシックススポーツミュージアム」開館10周年 10年間で12万8,000人以上のお客さまがご来館

国名: Japan
リリース日: 2019.07.02


   アシックスの企業博物館「アシックススポーツミュージアム」は、2019年7月2日に開館10周年を迎えました。

 同ミュージアムは、当社創業60周年の記念事業として、創業哲学である「健全な身体に健全な精神があれかし」をコンセプトに、スポーツを通じた青少年育成による地域貢献や当社事業活動の理解促進、また、スポーツ文化継承、スポーツ振興、スポーツ人口の増加を目的として設立し、2009年7月2日から一般公開しています。100m走の世界記録のスピードにあわせて光が走るLED速度体感システムや、目の前にアスリートがいるかのように感じられるバーチャルビジョンなどによってスポーツのすごさを体感できるほか、歴代製品や契約選手使用製品の展示を通して当社の企業理念や歴史などを紹介しています。
 小中高生の校外学習に活用され、海外からも多くのお客さまに来館いただいており、2019年7月1日時点の来館者数は合計で12万8,278人に達しました。
 これまでご来館いただいたすべてのみなさまに感謝するとともに、今後も地域貢献やスポーツ振興に尽力していきます。


○主なイベントや最近の取り組み
≪ミニチュアシューズ作り≫
 小さな靴のパーツを組み立て、長さ約8cmのミニチュアシューズ(片足)を作ります。もの作りの楽しさや難しさ、道具の大切さを体感していただく目的で開催しており、材料の一部には、トップ選手向けの別注シューズ作製時に出た廃材を利用しています。2019年3月に内容をリニューアルし、より豊富なデザインが選べるようになりました。さらに、本年はミュージアムの開館10周年を記念して、ミニチュアのシューズボックスを無料でプレゼントしています。
(毎週土曜日15:00~/定員20名/有料:500円(税込))



≪「ASICS VR」コンテンツの導入≫
 アシックススポーツ工学研究所での研究開発の流れをVR(バーチャルリアリティ)で体験できるコンテンツを株式会社ジョリーグッド(所在地:東京都中央区、代表取締役:上路健介)と共同で製作し、2019年6月29日から新たに導入しました。動作分析や材料設計および構造設計、シューズの作製工程など、研究開発の流れとあわせて、一般には公開していない研究所の設備を間近で見ているかのようにご紹介します。



○「アシックススポーツミュージアム」の概要

所在地 神戸市中央区港島中町7-1-1
電話番号 078-303-1329(お問い合わせ、お申し込み)
アクセス JR「三ノ宮」駅、阪神・阪急・神戸市営地下鉄「三宮」駅乗り換え ポートライナー(「北埠頭」行き乗車)で 「中埠頭」駅下車徒歩約2分
開館時間 10:00~17:00(最終入館時間は16:30)
休館日 毎週日・月曜日、祝日、年末年始休暇、夏季休暇
入館料 無料

○「アシックススポーツミュージアム」ホームページ
http://corp.asics.com/jp/about_asics/museum


戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら