“心と身体の健康状態の見える化”を通じて健康経営推進をサポート! 企業向け健康増進プログラム 「ASICS HEALTH CARE CHECK」を開発

国名: Japan
リリース日: 2019.01.04

 アシックスは、このたび、心身の健康状態の測定、将来の健康寿命の予測および健康増進プランを提供する企業向け健康増進プログラム「ASICS HEALTH CARE CHECK」を開発しました。
 本プログラムは、アシックススポーツ工学研究所が持つ人に対する測定・分析技術、運動プログラムに対する豊富な知見を活用することで、企業の健康経営推進を支援するサービスです。定期健康診断と同じく年1~2回実施するスタイルで、2019年1月から協力企業を募り実証実験を開始します。


 従業員の健康管理・健康づくりの推進は、医療費の節減だけでなく、生産性の向上、従業員の創造性の向上という観点から、近年注目が高まっています。そのため、健康経営に取り組む企業は年々増加傾向にあるものの、効果的な施策に至らないなど、健康経営の推進に行き詰まる企業も多く見られます。
 そこで本プログラムでは、心身の健康状態および将来の健康寿命や健康リスクを見える化することで、従業員の健康維持、体質改善に対するモチベーションを高めるとともに、測定結果を基にした個別の健康増進プランを提供します。 
 当社と「健康快適」事業で関わりがあり、健康経営先進企業でもあるロート製薬株式会社で昨年実施した実証実験では、従来行っていた体力テストと比べ、約87%の方が「良かった」「大変良かった」と回答し、約56%の方が「行動変容を起こせそう」と評価いただきました。

 今後は、実証実験を通じてシステムおよび運用面での改善を重ねるとともに、企業はもちろんのこと、自治体への提供、および一般の方を対象としたサービスの実施など、あらゆる可能性を模索していきます。また、従業員個人の診断だけでなく、事業所別診断、企業別診断など、さまざまな活用方法を検討していきます。

 当社は「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」をビジョンとして定め、中期経営計画「アシックス・グロース・プラン(AGP)2020」で「健康快適」を事業領域の1つとして設定しています。今回の取り組みは、これらを実現、達成するための一環として展開するものです。

〇株式会社アシックス 執行役員兼スポーツ工学研究所 所長
 原野健一のコメント
  本プログラムは、心身の健康を総合的に測定し、お客さまご自身で健康管理マネジメン
 トを可能にする画期的なサービスです。当社が独自に蓄積したデータをベースに構築して
 おり、今後は本プログラムを進化させながら、企業の健康経営をサポートするとともに、
 多くの方々の健康寿命延伸への貢献を目指します。

〇プログラムの特徴
 1.現在の健康度を評価
   「歩行能力」を中心に「体組成」「体力」「ストレス」「認知機能」の5つの要素を
   計測し、10段階で評価します。さらに各項目の結果を基に、「歩行年齢」※1、「体
   力年齢」※2、「脳活年齢」※3、それらを統合した総合健康指数である「健全年齢」
   ※4を当社の特許出願技術を利用した独自アルゴリズムで算出します。

 2.将来の健康寿命を予測
   「歩行年齢」「体力年齢」「脳活年齢」を基に将来の非健康状態になるまでの期間や
   転倒・疼痛リスクを独自アルゴリズムで予測します。

 3.健康増進プランの提示
   測定した健康指数を基に、無理なく継続可能な個別の健康増進プラン(筋力トレーニ
   ング、ストレッチ、ウォーキングドリルなど)を提供します。

  今までの健康に関するプログラムでも、歩行、体力、認知という各項目の健康指数は存
 在しましたが、3つを組み合わせた心身の総合健康指数というものはありませんでした。
 また、現在の健康状態と非健康状態データとの比較から、将来の予測を行う点も先進的な
 ポイントです。


〇評価結果について







                 評価結果シート(表)

                評価結果シート(裏) 


① 総合結果 「健全年齢」や健康寿命平均までの年数、ランキングなどの総合結果を表示します。
② 計測結果 詳細な測定結果と年齢と性別を考慮して算出した評価値を10段階で表示します。
③ 経年変化予測 健康指数を基にした認知症リスク、サルコペニアリスク※5、要支援・要介護者までの年数予測および測定結果の偏差値、ランキングを表示します。
④ 転倒・疼痛
  リスク
各測定結果を基に、日常生活における代表的な健康リスクである「転倒」「肩痛」「腰痛」「股痛」「足首痛」を引き起こすリスクを3段階で表示します。
⑤ アシックスから
  のコメント
一人ひとりの結果に合わせ、「良かった点」「改善点」に関するコメントを表示します。
⑥ おすすめ筋力
    トレーニング
測定結果に合わせて選出された、おすすめの筋力トレーニングをご紹介します。
⑦ おすすめ
    ストレッチ
測定結果に合わせて選出された、おすすめのストレッチをご紹介します。
⑧ おすすめウォー
    キングドリル
測定結果に合わせて選出された、歩行姿勢に関するポイントや動き方をご紹介します。
⑨健康関連情報 すぐに実践可能な食事やメンタルヘルスに関する健康情報をご紹介します。
⑩おすすめ商品 健康増進プランに適したアシックスのおすすめ商品をご紹介します。

                プログラム実施の様子



〇アシックスの健康経営について 
  アシックスは、お客さまにスポーツ文化や健康的な生活につながる商品・サービスを提
 供する企業として、従業員の健康は最も大切な要素と位置付けています。個人の成長とと
 もに企業が成長できる企業文化の醸成のため、従業員のより健康的な生活の実現を目指
 し、健康経営に取り組んでいます。今後、本プログラムを活用しながら、当社従業員のさ
 らなる心身の健康増進を図り、創業哲学である「健全な身体に健全な精神があれかし」を
 体現していきます。
           https://corp.asics.com/jp/csr/wellbeing

※1 歩行年齢:“歩行能力”が何歳に相当するかを示すアシックス独自の健康評価指数
※2 体力年齢:“体力”が何歳に相当するかを示すアシックス独自の健康評価指数
※3 脳活年齢:“認知機能”が何歳に相当するかを示すアシックス独自の健康評価指数
※4 健全年齢:“歩行能力・体力・認知機能を総合した健康度”が何歳に相当するかを示す
        アシックス独自の総合健康評価指数
※5 サルコペニア:加齢や疾患により、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋
          など全身の「筋力低下が起こること」または、歩くスピードが遅くな
          る、杖や手すりが必要になるなど「身体機能の低下が起こること」

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら