平成30年度「女性が輝く先進企業表彰」で 「内閣府特命担当大⾂(男女共同参画)表彰」を受賞

国名: Japan
リリース日: 2018.12.17

 株式会社アシックスは、このたび、平成30年度「女性が輝く先進企業表彰」において、スポーツ用品業界で初となる「内閣府特命担当大臣賞」を受賞しました。

 本表彰制度は、女性が活躍できる職場環境の整備を推進するため、役員・管理職への女性の登用に関する方針、取組及び実績並びにそれらの情報開示において顕著な功績があった企業を表彰するもので、「女性が輝く社会」の実現に寄与することを目的に、内閣府が平成26年度に創設しました。

 今回、当社は受賞理由として以下のポイントが評価されました。

・ 女性社員に向けたキャリア研修や、ロールモデルを集めたフォーラム等の取組により、女性社員のキャリアアップを重点的に支援。部署横断型のダイバーシティ推進プロジェクトを組織するなど、社員の自発的な取り組み
・ 「2020年までに女性管理職比率10%」の目標を前倒しで2017年に達成
・ ホームページ内に「ダイバーシティ&インクルージョン」を新設し、より広く細かな情報開示を実施。その他CSR報告書、コーポレートガバナンス報告書や株主総会招集通知など複数の媒体への開示

〇株式会社アシックス代表取締役社長COO 廣田康人のコメント

 アシックスでは、「多様な人財が活かされることで、創造的なアイデアが生まれ、ビジネスが成長する」という考えのもと、ダイバーシティ&インクルージョンを経営戦略の1つとして推進しています。
 我々の活動の結果、女性管理職比率が2012年の3%から2018年は12%程度まで向上しました。2020年には15%、将来的には30%を目指します。今後も積極的に、女性活躍の取り組みを継続してまいります。


 当社は、中期経営計画「ASICS Growth Plan (AGP) 2020」のコア戦略の1つに「差別化されたイノベーションの創出」を掲げ、ダイバーシティを推進し、多様な人財の強みをイノベーションの原動力としています。今後も、個々の社員が自律的に成長するためのキャリア支援と、多様な人財が最大限能力を発揮できる環境づくりに継続的に取り組んでいきます。


戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら