下北沢病院と共同開発 母趾の負担を軽減する中敷を搭載したシューズを発売

国名: Japan
リリース日: 2018.07.30

 アシックスジャパンは、高齢者の歩行をサポートする機能を付加したシューズ「ライフウォーカー」シリーズから、足への負担を少しでも軽くしたいといった女性の声を反映し、母趾にかかる負担を軽減する中敷を搭載した「ライフウォーカー ボシサポート1(W)」を、8月1日からアシックスオンラインストア、靴専門店などで順次発売します。メーカー希望小売価格は8,800円+税です。

 今回発売する商品は、「足病学(ポダイアトリー)」をテーマに掲げた診療を行う医療法人社団青泉会下北沢病院(所在地:東京都世田谷区)と共同開発したもので、母趾への負担を軽減する特殊な中敷を搭載したのが特徴です。

 中敷はアシックスが独自に設計しており、母趾部分にドーム状のくぼみとパンチング加工を施しています。母趾球部がくぼみへなめらかに沈みこむことで、同部位の関節運動が行いやすくなるなど、足本来の機能を生かした歩行をサポートします。また、かかと部にはティアドロップ型のくぼみとパンチング加工を施しています。足の内側への過度な倒れ込みと土踏まず部のアーチ低下を抑制する効果があり、母趾にかかる負担を軽減することができます。

 中部前方には半楕円球状の「メタパッド」構造を設け、歩行時の過剰な圧力集中を軽減させるようにしています。

 アッパー(甲被)は、足あたりを良くするため、親指側と小指側に伸縮性のある素材を配しています。

 カラーはブラックとダークトープの2色を用意しています。シンプルなデザインなのでさまざまな服装や日常シーンで使用できます。

〇医療法人社団青泉会下北沢病院について

 医療法人社団青泉会下北沢病院は、足病総合センターと糖尿病センターを立ち上げ、日本で初めて「足病学(ポダイアトリー)」をテーマに掲げた診療をスタートしました。単に悪い患部を取り除くだけではなく、「足から健康を支えていく。」をコンセプトに、より根本的、包括的に未病にアプローチしています。

 2016年7月から、足の疾患に特化して予防・治療、健康寿命延伸を目指し、株式会社アシックスおよびロート製薬株式会社(本社:大阪府大阪市)と共同で、足に多い疾患に着目し、ウオーキング運動をサポートするシューズ・中敷やスキンケア製品の共同研究開発をおこなっています。

〇ライフウォーカーについて

 トップアスリート向けシューズの開発でつちかった知見をベースに、高いフィット性やクッション性といったウオーキングシューズの基本性能に加え、「つまずきにくい設計」「バランスを取りやすい構造体」「着地時の安定性を高める設計」など、高齢者の歩行をサポートする機能を付加したシリーズです。2013年春から展開しており、予定販売足数を毎年上回るなど順調に売上を伸ばしています。

〇株式会社アシックス スポーツ工学研究所所長 原野健一のコメント

 我々は、人間の運動動作に着目・分析し、独自に開発した素材や構造設計技術を用いることによって、すべての人々に価値ある製品、サービスを提供することを使命としています。今回、我々の研究と、下北沢病院での足病学の知見をベースに、多くの女性の悩みの一つである母趾にかかる負担を軽減するシューズを商品化できたことを大変うれしく思います。

 進化したライフウォーカーは、クッション性や安定性など高齢者の歩行をサポートする機能に加え、より快適に歩行を楽しんでいただけるよう設計されています。多くの方に喜んでいただけるよう、今後も健康寿命の延伸に寄与できる製品、サービスの開発に努めます。

〇下北沢病院 足病総合センター長 菊池恭太氏のコメント

 足は常に体重や地面からの反力にさらされながら、その外力を上手に歩行へつなげていきます。このため、足には様々な精巧なメカニズムが備わっています。足のトラブルの多くはこの過程における負担の偏りによって発生しており、足病学の世界では古くから、薬ではなくインソールという足の矯正具を用いてこれらに対応してきました。今回、その経験に基づいた理論を応用したシューズが、アシックスが有する大規模なデータと素材力によって開発されたことは大きな一歩と言えます。今回は主に足アーチと母趾機能への貢献を目的としていますが、これを契機に今後、ますます様々な足の健康に貢献されるよう発展していくことを期待しています。

○商品仕様

品 名 ライフウォーカー ボシサポート1(W)
品 番 1132A001
価 格 8,800円+税
カラー ダークトープ×ダークトープ、ブラック×ブラック
サイズ 21.5~25.0cm(0.5cm刻み)
素 材 アッパー:合成皮革 アウターソール:ゴム底(ノンマーキング)
生産国 インドネシア

※母趾に配慮した設計ですが、程度によっては合わない場合もあります。

 また、効果には個人差があります。

※特許出願中。

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら