履いて歩くだけで歩数や歩行速度などの データを記録できる「スマートフットウエア」を 株式会社no new folk studioと共同開発

国名: Japan
リリース日: 2018.07.27

 株式会社アシックス(本社:神戸市、代表取締役社長COO:廣田康人、以下「アシックス」)は、株式会社no new folk studio(本社:東京都千代田区、代表者:菊川裕也、以下「no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)」)と歩数や歩行速度、足の傾きなどのデータを記録できる「スマートフットウエア」を共同開発します。
 完成したシューズは、三菱UFJ信託銀行株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:池谷幹男、以下「三菱UFJ信託銀行」)が本年8月から実施する情報信託プラットフォームの実証実験で使用されます。

 no new folk studioは2014年10月に創業したスタートアップ企業で、モーションセンサーや通信機能を備えた靴型ウェアラブルデバイス「スマートフットウエア」の「Orphe(オルフェ)」の開発などを行っています。
 今回は、no new folk studioが開発した足の動きをデータ化するセンサーモジュール「ORPHE CORE(オルフェコア)」を靴底に挿入できるシューズを当社が開発します。シューズは、着用感への影響がほとんどなく歩行や走行中の速度や接地状態、運動時間などさまざまな情報が取得できるようになっており、蓄積されたデータは対応するアプリで確認できます。
 開発したシューズは、三菱UFJ信託銀行が実施する情報信託プラットフォームの実証実験の被験者に、本年11月以降に提供する予定です。被験者には最大1か月間シューズを着用していただき、得られたデータは、当社とno new folk studioが共同で解析します。
 解析したデータは、アシックススポーツ工学研究所で今後のシューズ開発や運動機能向上のためのサービスの研究などに活用します。将来的には、お客さまの特徴や生活習慣により適したシューズや各種サービスの提案への活用も期待できます。

 当社は、中期経営計画「ASICS Growth Plan (AGP) 2020」のコア戦略の1つに「差別化されたイノベーションの創出」を掲げ、お客さまのライフスタイルや体験に大きな変化をもたらす革新的な商品・サービス・プロセスの創出に取り組んでいます。今後も業界をリードするようなイノベーションを追求し、お客さまのスポーツ体験に新たな価値を提供していきます。

〇株式会社no new folk studio の概要
社名 :株式会社no new folk studio
本社所在地:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル 12F
DMM.make AKIBA 107
代表者 :菊川裕也
事業内容 :「日常を表現にする」をミッションに、IoTを中心にプロダクト/サービス/プラットフォームを創造するスタートアップ企業。2015年に発表したエンターテイメント用途向けの世界初のスマートフットウエアの「Orphe」は大きな反響を呼びました。2018年にすべての靴をスマートにするためのスマートフットウエアプラットフォーム「ORPHE TRACK」を発表し、スポーツ解析、ヘルスケア、見守り、医療といった分野への応用を進めています。主な事業内容はIoT製品やウェアラブル製品の新規開発、センサデータの解析業務、「Orphe」を活用した演出業務、映像・音声コンテンツ制作等。
URL :https://no-new-folk.com

〇三菱UFJ信託銀行が実施する情報信託プラットフォームの実証実験に
ついて
 三菱UFJ信託銀行は、個人が自らの意思でデータを蓄積・管理し、パーソナルデータ提供の対価を受け取ることができるよう、同社が情報信託機能を担うプラットフォーム「DPRIME(仮称)」の提供に向けて、本年8月から実証実験を開始します。対象は同社社員および実証実験参加会社社員で、モバイルアプリケーション「DPRIME(仮称)」のUI/UX検証やデータ集積・統合・可視化等の技術検証を行います。
 詳細は、三菱UFJ信託銀行のプレスリリースをご参照ください。
 https://www.tr.mufg.jp/ippan/release/pdf_mutb/180718_2.pdf


戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら