桐生祥秀選手とアドバイザリースタッフ契約を締結

国名: Japan
リリース日: 2018.06.21


 アシックスジャパンはこのたび、陸上競技短距離の桐生祥秀選手(所属:日本生命)とアドバイザリースタッフ契約を締結しました。

 契約は2018年4月1日からで、内容は、当社陸上競技用スパイクシューズ、ランニングシューズ、スポーツアパレルなどの使用、商品に対する開発面でのアドバイス、当社製品に関する広告やカタログ、ポスター、インターネットなどの電子媒体による宣伝、販売促進活動への協力などです。

 本契約は、日本人初となる100m9秒台を達成した際も当社スパイクシューズやウエアを着用いただくなど、当社の製品が桐生選手から高い評価と信頼を得ていることから実現したものです。

 これまで同様、桐生選手の意見を取り入れながら、当社の技術を盛り込んで作製した製品を提供するなどサポートを行います。

 このほか、商品開発や宣伝、販売促進活動をともに行っていくことで「アシックス」ブランドのさらなるイメージ向上を図ります。

〇桐生選手のコメント

 自分の力を最大限に発揮するための最高のパートナーである、アシックスと契約させていただくこととなり、大変うれしく思っております。高校時代からアシックスのスパイクを履いており、細かな要望にも丁寧に対応してくださる姿勢に感謝しています。

 目標であるオリンピックや世界陸上のファイナリスト、メダリストを目指して頑張ります。応援よろしくお願いいたします。



〇新ユニホームについて

 レッドまたはホワイトがベースカラーの2タイプを用意しました。陸上トラックや桐生選手の走る姿をリズミカルに並べたカモフラージュ柄を施しています。

 機能面では、桐生選手の意見を取り入れながら、アシックススポーツ工学研究所で3Dスキャンによる体型計測やモーションキャプチャーを用いた走行分析を行い、桐生選手の走りにあったフィット性を追求しました。また、生地のパーツ数を少なくしながら縫い目を減らす特殊なパターンと素材を採用することで、腕振り動作時の肩甲骨の動きを妨げにくい設計とし、桐生選手のパフォーマンスを最大限に引き出せるようにしています。

〇アシックスジャパン株式会社代表取締役社長 小林淳二のコメント

 日本の陸上界をリードする桐生選手と契約を結ぶことができて光栄です。今後もよりよい製品を開発し、桐生選手の目標が達成できるようサポートしていきます。また、桐生選手とともにスポーツ界の発展や社会貢献につながるさまざまな取り組みにもチャレンジしていきたいと思います。

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら