神戸市およびNTTドコモと連携して 屋内型スポーツにおける運動データの見える化を可能にする 「屋内型運動データ測位システム」の実証実験を実施

国名: Japan
リリース日: 2018.02.19

 アシックスは、神戸市およびNTTドコモ(以下、ドコモ)と連携し、屋内型スポーツでの運動データの見える化の実現に向け、「屋内型運動データ測位システム」(以下本システム)の実証実験(以下、本実証実験)を、神戸市立西体育館にて3月6日(火)から10日(土)までの期間限定で実施します。
 
 本システムは、体育館内の4か所に設置した測位センサーとUWB(Ultra Wide Band)タグを用いて、UWBタグを装着したプレーヤーの位置を測位するものです。UWBタグを装着して測位センサーで囲まれた空間で運動すると、タグが発する電波を4か所の測位センサーが受信し、それぞれの測位センサーとの距離をもとにタグの位置を割り出すことで、タグを装着したプレーヤーの運動履歴を可視化することができます。移動距離や最高速度、消費カロリーなどを数値で確認することで、適切な運動量を自身で管理することができます。 
 
 本実証実験では、対象期間中に神戸市立西体育館主競技場を利用予約されている複数のチーム・団体に実証実験へのご協力を依頼※1し、実際にシステムを体験していただきます。体験者には、その日の自身の運動データが記載された用紙をお渡しします。 今回の実証実験を通して、年齢や実施競技の異なる様々な体験者からの声を集め、本システムの実用化に向けた改良につなげます。



〇「屋内型運動データ測位システム」の開発について

 アシックスはこのたび、ドコモと連携して「屋内型運動データ測位システム」を開発しました。本システムは、測位センサーとUWBタグを用いて屋内型スポーツにおける運動データの見える化を実現するものです。移動距離や最高速度、消費カロリーなどその日の運動の成果を記録し、確認できるほか、複数のプレーヤーがタグを装着してプレーすることで、バスケットボールやバレーボールのパフォーマンス分析や戦略立案にも活用できます。※2

 近年ランニングなどの屋外スポーツでは、衛星によるトラッキングシステムを活用し、走行距離や速度などを数値化して記録するサービスが一般にも浸透しています。一方で、衛星信号が届かない屋内におけるスポーツトラッキングは広く行われているとは言えません。今回開発したシステムは、大規模なアリーナに限らず、学校体育館や屋内テニスコートなど一般の方にとって身近な施設にも設置が可能で、手軽に自身の運動データの分析と記録ができます。



〇屋内型運動データ測位システムの利用イメージ

<個人で利用する場合>


  <チームスポーツで利用する場合>



※画像はすべてイメージです。

 当社は今後も、IoT/ICT技術を活用した新たなスポーツの楽しみ方を検証し、市民の健康促進や部活動教育の質の向上など、人々の豊かなスポーツライフの実現に貢献していきます。

※1 被験者の一般募集は行いません。
※2 複数のプレーヤーを対象としたフォーメーション分析は今回行わない予定です。


戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら