x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

デジタルを通じお客様のスポーツライフの充実を 「グローバルデジタル統括部」新設について

国名: Global
リリース日: 2016.09.30

 アシックスは、お客様のスポーツライフの充実を高めるなど、お客様とのつながりを深めることを目指し、革新的なデジタル技術の開発拠点となる「グローバルデジタル統括部」を10月1日付で新設します。

 「グローバルデジタル統括部」は、フィットネス・トラッキング・アプリ「ランキーパー(Runkeeper)」をはじめとするお客様向け携帯アプリケーションやEコマースのプラットフォームなどの、お客様とアシックスブランドやスポーツとのつながりをさらに深めることができる多様な携帯・デジタル技術の開発の役割を担います。2016年3月に株式会社アシックスの子会社となった米国のフィットネスキーパー(FitnessKeeper)社の創業者兼CEOであるジェイソン・ジェイコブス(Jason Jacobs)を統括部長とし、米国のボストンに拠点を置きます。

 スマートフォンやウエアラブル端末の登場以降、デジタル技術の進化とともにフィットネス・トラッキングは広く一般に普及しました。自分により合ったフィットネス方法を見つけたり、同じ目的を持つフィットネス愛好家とつながったりすることが可能となり、かつてないほどフィットネスへのモチベーションを維持できるようになりました。また、これら技術の進歩・普及は、お客様とスポーツとの関わりを一層強め、特に長年愛用しているスポーツブランドとの関係も深化していくことになります。
 「グローバルデジタル統括部」の新設により、当社の成長戦略の中核を担うデジタル技術分野での革新を加速し、この成長領域でのリーダーシップをさらに追求します。

 当社は今後も、持続可能で公正なスポーツ用品業界の発展を目指すビジネスパートナーとともに、ビジョンである「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」を実践していきます。

○株式会社アシックス代表取締役社長CEO 尾山基のコメント
 デジタル技術への投資は、これまで以上にお客様主体のビジネスモデルへ移行すること、そして、”健全な身体に健全な精神があれかし”という当社の創業理念を変わらず追求することを意味しています。フィットネスキーパー社の買収により、その優れた製品・ブランドのみならず、全社的なデジタル戦略の推進と執行を支える素晴らしい人材を受け継ぐことができました。

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら