x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

コンセプトは「CONNECT」 トライアスロン日本代表選手のトライスーツについて

国名: Japan
リリース日: 2016.07.22

                                                                                                          平成28年7月22日

                                               コンセプトは「CONNECT」

                                  トライアスロン日本代表選手のトライスーツについて

アシックスジャパンは、このたび、公益社団法人日本トライアスロン連合(所在地:東京都渋谷区、会長:國分孝雄 以下、JTU)とのオフィシャルサプライヤーに関する契約に基づき、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)でトライアスロンの日本代表選手が使用するトライスーツ(レースウエア)を作製しました。












トライアスロンにおけるスイム、バイク、ランニングの3種目の動作を分析し、動きを妨げずに選手が持つパフォーマンスを最大限に引き出すトライスーツを開発しました。

水泳動作中の抵抗低減に必要な、適度なホールド性とはっ水性を有する布帛素材を、体幹と内腿以外の脚部に配したほか、独自の編み目により縦横方向へバランス良く伸縮するニット素材を、肩や脇、背中部分に採用しました。

ロンドン2012大会で採用した前作と比較し、布帛部分は9%、ニット素材部分は16%伸張性が向上しました※。この素材の組み合わせによって、身体のさまざまな動きにかかるエネルギーロスを低減しながら、安定した着圧を発揮します。

また、骨盤まわりに高弾性の生地を配したアシックス独自の「コアバランス」機能を搭載しています。腹部と腰部で高低差を付けながら着圧をかけており、骨盤を直立させながら適正な位置に安定させる機能を有します。

※ 布帛⇒10N/cm、ニット⇒2N/cmの力が加わった時の伸張率を当社従来素材と比較(アシックススポーツ工学研究所調べ)

コンセプトは「CONNECT(コネクト:つなぐの意味)」です。「世界をつなぐ、人々をつなぐ、リオから東京へとつなぐ」「心と体をつなぐ、過去と未来をつなぐ」といった意味を込めています。この「つなぐ」「つながる」という言葉や動作、振る舞いを連想するイメージをグラフィック化し、脇にあしらっています。カラーは、アシックスらしい「真のテクノロジー」をブルーで、スポーツの「情熱や希望」をレッドで表現しています。


戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら