x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

アシックスを代表する「GEL-KAYANO」の最新モデル 安定性をより高めたランニングシューズを発売

国名: Japan
リリース日: 2016.06.29

 アシックスジャパンは、走行時の重心がシューズの中心に集まりやすい構造で安定性を高め、衝撃緩衝材の位置や形状を工夫するなど足に優しい設計で快適な走り心地が得られるランニングシューズ「GEL-KAYANO23(ゲルカヤノ23)」シリーズ6品番を、9月上旬から直営店「アシックスストア」各店、当社ECサイト、全国のスポーツ用品店などで順次発売します。
 メーカー希望小売価格はすべて15,500円+税で、初年度は6品番あわせて約15万8,000足の販売を予定しています。

○写真 

                                左:GEL-KAYANO 23            右:LADY GEL-KAYANO 23

 今回発売する商品は、フルマラソン完走を目指すランナーや日々のトレーニングでの使用に適した、アシックスを代表するランニングシューズの最新作です。
 靴底は、かかと部からつま先部にかけて縦方向の溝を配した「ガイダンスライン」構造を採用し、この溝に向かって傾斜をつけた意匠を施しています。走行時の重心がシューズの中心に集まりやすくなり、よりスムーズな走りをサポートします。また、ランナーの足形計測を基に設計した、かかと周囲をやや細めにした新しい靴型(ラスト)を採用しています。足首まわりを絞ることでシューズと足の間にできる空間を減らすなどフィット性を高め、長距離の走行でも安定した足運びができるようになっています。
 かかと部は、外側に衝撃緩衝材「GEL(ゲル)」を傾斜させて配置しています。着地時にななめ方向に変形することで荷重が効率よく分散し、クッション性の向上と、重心を自然と中心に移動させる効果も発揮します。
 ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)は2層構造で、下層部分にはアシックス独自の特許技術※を採用したスポンジ材「FlyteFoam(フライトフォーム)」を搭載しています。当社従来のミッドソール素材「E.V.A.(イーブイエー)」よりも約55%軽量で、素材に添加した繊維でアシストすることで優れたクッション性と耐久性を発揮します。上層部分には優れたクッション性と反発性をあわせもつ「SpEVA(スピーバ)」を搭載しています。
                                   ※日本国内での取得

○「GEL-KAYANO」について
 「GEL-KAYANO」は、1993年秋から展開した「GEL-KAYANOTRAINER(ゲルカヤノトレーナー)」からはじまる、クッション性や安定性を重視した当社を代表する高機能モデルの一つで、今回で23代目となります。20年以上にわたり世界の初心者ランナーをフルマラソン完走に導きながら、トレーニング用としても広く愛用いただいています。また、機能と履き心地の良さが高く評価され、世界の有名ランニング雑誌から賞をいただくなど、高い支持を得ています。

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら