x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグと オフィシャルパートナーシップ契約に合意

国名: Japan
リリース日: 2016.03.14

アシックスジャパンは、このたび、プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ(Baseball Challenge League)を運営する株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティングと、オフィシャルパートナーシップ契約に合意しました。

期間は2016年シーズンからです。

今回のオフィシャルパートナーシップ契約により、ユニホームなどの用具提供のほか、マーケティングパートナーとして相互のブランド価値向上、共同でのライセンスビジネスの拡大を目指した各種活動も展開していきます。ルートインBCリーグの「地域と地域の子どもたちのために」という理念のもと、リーグおよび所属する8球団(福島、武蔵、群馬、新潟、信濃、富山、石川、福井)とともに、地域の野球振興をはじめ、運動機会の提供、地域コミュニティの創出といった地域振興に向けた活動を積極的に実施していきます。

当社は、「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」といったビジョンを掲げ、スポーツ振興を通じて健康で持続可能な社会の実現に向けて努めています。今回は、当社のビジョンとルートインBCリーグの理念や活動に共通点が多いことから実現しました。

※オフィシャルパートナーシップ契約に基づいた具体的な活動について、4月2日に記者会見を行います。ご多忙中とは存じますが、是非ご出席賜りたく、よろしくお願い申し上げます。


       ルートインBCリーグとのオフィシャルパートナーシップ契約に関する記者会見について

オフィシャルパートナーシップ契約に基づく活動のご説明、調印式、新ユニホームのお披露目等の記者会見を下記概要にて行います。また、当会では、一般のファンなど約100人も参加し、主催者や所属選手とコミュニケーションを深めるイベントもあわせて実施する予定です。

つきましては、是非ご取材いただきたく、ご検討よろしくお願い申し上げます。

【第一部 オフィシャルパートナーシップに関する記者会見】

日時 :2016年4月2日(土) 13:30開始 【報道受付 12:30~】

会場 :中野市民体育館横 コミュニティスポーツセンター アリーナ

住所 長野県中野市一本木522

登壇者:アシックスジャパン株式会社 代表取締役社長 西前 学

ルートインBCリーグ リーグ代表 村山 哲二

内容 :オフィシャルパートナーシップ契約の概要および活動のご説明

調印式および各所属球団の新ユニホーム披露(フォトセッション)

質疑応答

【第二部 ルートインBCリーグプレーボールカンファレンス2016】

14:30 オープニング/監督登壇
14:40 チーム報告、今季注目選手発表、開幕投手発表、 シーズンの抱負
15:45 BCリーグ憲章調印式(フォトセッション)

【第三部 asicsフィールドラボデモンストレーション】

16:00 アシックスの今季の取り組みについて/質疑応答
16:15 アシックスのベースボール能力測定プログラムを活用したバットスイングスピード計測、守備力計測デモンストレーション
17:00 終了

※野球用具の研究開発でつちかってきた知見を活用したベースボール能力測定プログラムのひとつです。野球技術の要素を定量的に把握し、トレーニングに役立てる情報を提供することを目的とします。今回は、バットスイングと守備力に関する計測を実施する予定です。

《スイング計測》

スイングを毎秒1,000フレームの高速カメラ2台で撮影。推定飛距離やバットスピードなどを計測します。

《守備計測》

ランプが光った方向へボールを取りに行き、つかんだボールを的に投球。捕球するまでの時間とボールコントロールなどを計測します。


戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら