x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

アシックス独自のプログラムを提供する機能訓練特化型デイサービスの2号施設を芦屋市に開業

国名: Japan
リリース日: 2015.05.21

 アシックスは、当社独自の理論に基づいた運動サービスプログラムを利用者に個別に提供する、機能訓練特化型デイサービス施設「Tryus(トライアス)」の2施設目を、兵庫県芦屋市に開業します。 名称は「Tryus(トライアス)芦屋」で、2015年5月25日から利用者受け入れを始めます。

 今回開業する施設は、要支援・要介護認定者を主な利用者とし、測定・運動プログラム構築・進捗管理と、利用者管理を一貫して行う当社独自の運動サービスプログラム「DUAL SPARK(デュアルスパーク)」を活用します。

 当施設は利用者に親近感を持っていただくため、地域の特色に合わせた作りとしています。運動を行うスペースの壁面には、六甲山麓にある住宅に見られる特徴的な石垣を、測定室には、芦屋川上流の芦屋ロックガーデンの登山口にある「高座の滝」をモチーフとしたデザインを施しています。

 また、この施設では、ボルダリングをアレンジした運動ができる設備を導入します。壁面を上方へ移動するのではなく、決められた色や順番にホールド(壁に固定して手や足をかけるブロック)を掴みながら横に移動する運動を楽しんでいただけます。利用者が持つ「新しい運動を始めたい、楽しみたい」という思いに応えるレクリエーションとして提供します。

 当社は2014年9月に機能訓練特化型デイサービス施設「Tryus(トライアス)西宮」を開業し、介護施設事業に参入しています。開業以来、契約者も順調に推移し、当社が提供するプログラムを楽しみながらご利用いただいています。利用者からは、「歩くときのふらつきが減った」「階段の上り下りが楽になった」など、ご自身の実感としても効果が現れてきています。

 当社は、「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」をビジョンとして定め、中期経営計画「アシックス・グロース・プラン(AGP)2015」で「健康快適」を事業領域の1つとして設定しています。今回の取り組みは、これらを実現、達成するための一環として展開するものです。


○「Tryus芦屋」の概要

店名 Tryus芦屋(トライアス芦屋)
所在地 〒659-0094 芦屋市松ノ内町4-5 アーベイン芦屋川101
電話番号 0120-117-509
サービス
提供時間
午前 9:15~12:30
午後 14:00~17:15
従業員数 平均勤務人数6人以上
店舗面積 約37坪
定休日 土日(夏季休暇 8/13~16、年末年始 12/30~1/3)

○「デュアルスパーク」とは 「デュアルスパーク」は、心と体の健康を同時に維持、増進させるために、「身体」だけではなく「頭」も同時に活性化させるプログラムです。利用者の体力状態を数値で管理し、「立つ・歩く・転ばない」をコンセプトとしたトレーニングを個別に組みます。

 まず、利用者の現在の状況を9つの項目で測定し、数値化します。その測定結果と、自身が考える「なりたい自分」との差を把握し、アシックススポーツ工学研究所が持つ知見を活用した独自のアルゴリズム(算法)を使い、目標達成に向けた個別のプログラムを作ります。

 測定結果と運動履歴は、利用者状況管理システムで的確に把握します。利用者識別端末を発行することで、利用者情報登録データベースへの入出力を簡便化しており、利用者情報が活用しやすくなっています。

 これらの情報は、結果をわかりやすく記した用紙に出力し、トレーニング効果を可視化できるようにしています。


○「Tryus」の意味 
 「Tryus」は、「明日(us)に向かって私たち(us)と努力する(try)」と、「US」に2つの意味を持たせた造語です。

「利用者の方とそのご家族、そしてスタッフとで、ともに未来に向かって努力していこう」という思いを込めています。

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら