x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

2015年春夏シーズン 「オニツカタイガー×アンドレア・ポンピリオ」 東京コレクション期間中にランウェイショーを実施

国名: Japan
リリース日: 2014.10.31

 アシックスが展開するブランド「オニツカタイガー」とイタリアのデザイナー、アンドレア・ポンピリオ氏は、メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京(東京コレクション)期間中の10月17日に、渋谷ヒカリエ Hikarie Hall Aでランウェイショーを行いました。

 オニツカタイガーとアンドレア・ポンピリオ氏が国内でランウェイショーを行ったのは、今回で2回目となります。

 2015年春夏シーズンのコレクションは、色々な文化を織り交ぜながら、都会にいる戦士のように、過去と現在から同時にインスピレーションを得て融合させたものを現代的に表現し、アンドレア・ポンピリオ氏のプレタポルテとオニツカタイガーのスポーツウエアが融合しています。

 霧が立ちこんだ真っ暗な会場に鳥や虎などの鳴き声が響き、民族的なビートを強調した音楽とともにショーがスタートしました。

 シャツやパンツには、カモフラージュ柄をあしらったり、ビニール素材を使った幾何学模様や鮮やかなピンクや黄色、グリーンのライン上に古典文字を描いたりし、さらに、古代ローマの戦士をイメージさせるグラディエーターのサンダルを履き、民族衣装を思わせる黒い羽を頭に付けるなどのスタイリングで会場を沸かせました。

 フィナーレでは総勢35人のモデルたちが列をなしてステージに並び、1枚のキャンバス画のように見せるというアンドレア・ポンピリオ氏のこだわりが際立った演出でした。最後に同氏が登場した際には、拍手喝さいを浴びて閉幕しました。

 これらの商品は、2015年2月から国内、欧州、アジア地域の「オニツカタイガー」直営店やセレクトショップなどで順次発売する予定です。

 本コラボレーションは、2013年1月から本格展開を開始しており、現在5シーズン目に入りました。主にファッション感度の高い方々から認知されてきています。

 今回のランウェイショーは、国内のファッションの中心地である東京でのさらなる認知向上を目指し行ったものです。

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら