x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

3種類の素材を組み合わせた新ゲームシャツ 全日本男子バレーボールチームの試合用ユニホームについて

国名: Japan
リリース日: 2014.05.13

アシックスは、このたび、全日本男子バレーボールチーム「龍神NIPPON」が「FIVB ワールドリーグ2014(5月23日~7月20日)」から着用する試合用ユニホームを作製しました。

 なお、当ユニホームは公益財団法人日本バレーボール協会(所在地:東京都渋谷区、会長(代表理事):羽牟 裕一郎)との契約に基づき作製したものです。

○製品特徴

 今回のユニホームは、特性の異なる3種類の素材を、その機能に合わせてゲームシャツの身頃、身頃切り替え部、脇下にそれぞれ配しています。

 身頃は、軽量で吸汗速乾性に優れたクロス素材「ダブルライトクロス」を採用しています。身頃の大部分をクロス素材にすることで、ウエアの軽さを保ちながら、汗によるべとつきを抑えます。

 切り替え部分は、メッシュ素材を配すことで通気性を高めています。

 脇下部分は、「サイバードライ ブロックニットZ」を採用しています。ウエアが引きつれやすい脇下にストレッチ性の高い同素材を配すことで可動性を高め、バレーボール競技に必要とされる腕を上下する動作をしやすくしています。

 カラーは、赤、白、黒をベースにした3タイプを用意しています。いずれも両脇に「アシックスストライプ」を施したデザインにしています。

 ゲームパンツは、「ダブルライトクロス」を使用し軽くしたほか、腰部には「サイバードライ ブロックニットZ」を配し、かがんだ際のずれを軽減しています。


≪インナーウエアについて≫ ※着用は選手の選択によります

 試合用ユニホームの下に着用するインナーシャツとインナーパンツも提供します。

 インナーシャツは、背中にひし形に高弾性生地を配した「ダイヤモンドバック」構造を採用しています。肩甲骨を脊柱方向(背中)に引き寄せ本来の正しい位置にセットするもので、これにより肩の可動範囲が広がり、スパイクの打点が高くなるなどパフォーマンスの向上が期待できます。

 インナーパンツは、アシックススポーツ工学研究所で運動時における骨盤の役割を研究・分析したコアバランステクノロジーを応用し、骨盤まわりに高弾性ベルト(コアバランスベルト)を搭載しています。これにより骨盤が直立、安定し、ジャンプなどのパフォーマンスをサポートします。

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら