x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

東南アジア諸国市場の拠点として販売機能を強化 「アシックスアジア PTE.LTD.」がオフィスを移転

国名: Japan
リリース日: 2014.04.22

 アシックスは、このたび、東南アジア地域における事業拡大のため「アシックスアジア PTE.LTD.(ASICS Asia PTE.LTD.)」のオフィスが、シンガポールのビジネス中心街であるラッフルズプレイス内に移転したことをお知らせします。

 「アシックスアジア PTE.LTD.」は、従来のマーケティングサポートなどの業務に加え、本年1月から新たに販売機能をもたせ営業しています。今後は、中期経営計画「アシックス・グロース・プラン(AGP)2015」の達成に向け、同社が東南アジア地域の販売、マーケティングの拠点となります。シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシアでの販売強化、マーケティング強化、ブランドイメージの向上につとめるほか、その他のASEAN(東南アジア諸国連合)諸国で事業が展開できるよう、各施策をさらに加速させます。また、近い将来にインド、パキスタン、オセアニア地域を含む、全アジア、オセアニア地域の統括会社にしていきます。

 東南アジア地域における当社商品の販売は、アジア・オセアニア地域の統括会社である「アシックスオセアニアPTY.LTD.」が、これまで販売代理店を通じて行っていました。 新しいオフィスで販売機能の基盤を設けることで、同諸国で大きなスポーツマーケット市場をもつシンガポールを中心に、市場成長率の高いタイなどでの営業活動の強化拡大につながるものと特に期待しています。また、マーケティングやプロモーション活動を、販売と連動させながら的確かつ迅速に実行できるため、ブランド力のさらなる強化につながると考えています。

 ランニング分野で付加価値の高い商品群を取り揃えるなど「True Sport Performance」ブランドとしての訴求力を高めるほか、現地で人気が高い卓球、バドミントン、ネットボールといったインドアスポーツへ商品を積極的に展開し、主要イベントのサポートなども行う予定です。

○アシックスアジア PTE.LTD.(ASICS Asia PTE.LTD.)について

所在地 8 Cross Street, PWC Building
          #24-05Singapore 048424

代表者 Yogesh Gandhi(General Manager)

社員数 13名

業務内容 販売、マーケティングサポート

取扱品目 アシックスブランド各種スポーツ用品、               オニツカタイガーブランド












アシックスアジア PTE.LTD.新オフィスでのセレモニーの様子

左から
株式会社アシックス アジア・パシフィック統括室 統括室長 キム・ダエチュー
株式会社アシックス代表取締役社長CEO 尾山 基
株式会社アシックス取締役常務執行役員 加藤 克巳
アシックスアジア PTE.LTD. ジェネラルマネジャー ヨゲッシュ・ガンジー

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら