x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

高橋尚子さん監修  ランナー個々のランニングシーンに応じたトータル提案 「RUN you ready?」を展開

国名: Japan
リリース日: 2014.04.16

 アシックスは、走る目的やシーンに応じてランニング関連の商品コーディネートコンセプトやコンテンツをトータルで提案する「RUN you ready?(ランユーレディ?)」を、5月下旬から展開します。

 「RUN you ready?」は、個々のランニングシーンにふさわしいデザインや機能を持つアイテムを提案したり、各種コンテンツを提供したりすることで、ランニングをより楽しいものにしていただく取り組みです。シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんにご協力いただき、アパレルやシューズの選び方を監修するとともに、練習方法や心構えなどもお伝えします。

 今春から夏にかけては、「街ラン」、「朝ラン」、「夜ラン」、「山ラン」をテーマに4つのイメージシーンを用意しています。例えば「夜ラン」では、都会の夜を再起反射機能がついたウエア、キャップ、シューズでクールに駆け抜けるモデルの姿を写し出すなど、それぞれのイメージに応じたビジュアルを作製し、店頭ツールや広告、当社ウエブサイト、SNSなどを通じて訴求します。











4つのイメージシーン(左上:街ラン、右上:山ラン、左下:朝ラン、右下:夜ラン)


 ランニングブームが浸透するなか、走力や環境にあわせながらランニングを上手に生活に取り入れる方も増えており、楽しみ方も多様化しています。

 これにあわせ、ランニング関連アイテムも充実しており、ニーズにあわせてさまざまなアパレルやシューズ、小物類などが商品化しています。

 当社ではこのたび「RUN you ready?」の展開にあたり、ランニングを習慣にしている男女を対象に、ランニングに関する実態調査を行いました。

 その結果、ランニング専用のシューズ、ウエアを約80%の方が持っており、ウエアについてはアイテムを2点以上持ち、80%以上の方がシーンや状況によって使い分けていることがわかりました。

 しかし一方で、選択肢が多すぎて何を購入すれば良いのか分からない、自身が走る場所や時間帯とはミスマッチだった、といった悩みも多いことがわかりました。

 今回の取り組みは、このような状況をふまえ、自身のランニングスタイルにより適したアイテムを身に付けて充実したひとときを送っていただきたい、との思いから展開するものです。

○高橋尚子さんのコメント

 ランニングの楽しみ方は、100人いれば100通りあります。自分のペースで気軽に楽しめるスポーツだからこそ、それぞれのレベルや季節によって走る環境が変わるので、適切なウエアとシューズ選びが大切となります。でも、コーディネートや練習方法などに不安を抱えているランナーがとても多いのが現状です。

 「RUN you ready」でそんな悩みを解消し、ますます元気で充実した生活を送って欲しいと思います。









○ランニングアイテムに関するアンケート調査

≪調査概要≫

調査期間:2014年2月24日(金)~2月25日(土)

調査対象:全国/20~49歳で1週間に1回以上ランニングを行っている男女

調査手法:インターネット調査

有効回答者数:624人(男性:312人、女性:312人)

1.ランニング専用アイテムの保有率(複数回答)

・約80%が専用のシューズを持ち、85%が専用のウエアを持っている。

・「アウター」、「シャツ(半袖・長袖)」の保有率が高く60%を超える。特に女性は20代から30代の女性の「アウター」保有率が高く70%を超える。

・専用シューズは、女性の年代が高くなるほど保有率が高くなる。


2.ランニング専用シューズ、ウエアの使い分け状況(複数回答)













・シューズは、ランニング頻度が高い人ほど「走る距離」、「天気・天候」で使い分けている。

・ウエアは、ランニング頻度が高い人ほど「天気・天候」、「走る距離」、「走るコース」で使い分けている。


3.ランニング専用アイテムの平均保有点数(単一回答)

【ランニング専用ウエア】

全体 男性 女性
トップス:ジャケット、パーカなどのアウター 2.5点 2.4点 2.7点
トップス:シャツ(長袖、半袖) 3.8点 3.7点 4.0点
ボトムス:ショート、ハーフパンツ 2.7点 2.6点 2.8点
ボトムス:ロングパンツ 2.4点 2.2点 2.6点
タイツ 2.5点 2.4点 2.6点
スカート 2.5点 - 2.6点

【ランニング専用シューズ】

全体 男性 女性
ランニング専用シューズ 1.9点 1.9点 1.8点

【ランニング専用アクセサリー】

全体 男性 女性
キャップ 2.0点 2.0点 2.1点
グローブ 2.1点 2.0点 2.2点
ウエストバッグ 1.7点 1.5点 1.9点
ネックウオーマー 1.9点 1.7点 2.0点
上記以外のアクセサリー 2.1点 2.4点 1.7点

4.ランニング専用ウエア購入重視点(単一回答)

・女性のほうが男性に比べ「サイズ」、「色・柄」、「素材」、「肌触り」などを重視する傾向がある。40代女性は特に「品質」を重視する。(83%)

・ランニング歴10年以上の人は「着心地」を重視する。(88%)


5.ランニング専用ウエアのコーディネートのこだわり(複数回答)

・「カラーコーディネート」が男女とも最も高く、「シルエット」、「季節感」と続く。女性のほうが「カラーコーディネート」、「シルエット」を重視する傾向があり、40代女性では特にその傾向が強い。


6.ランニングの時間帯、一緒に走る人数、走る季節

・平日は夜間が一番多いが、早朝も20%を超える。休日は午前中が一番多い。









・平日も休日も80%以上がひとりで走る。

・春、秋が高く90%に迫るが1年中も半数を超える。


7.ランニング専用ウエアの購入時やコーディネート失敗談(自由回答)

【多くみられた意見】

・試着せず買ったらサイズがあわなかった、サイズ選びが難しい

・デザイン重視で選んだら機能性が悪かった

・吸汗性のないものを選んで不快になった

・黒いウエアで夜間のランニングに向かなかった

・色が派手すぎた

・コーディネートが難しい

・寒い時期の服装が難しく、厚着したら逆効果だった

【番外編】

・昔はジーパンをはいて走っていたので少し重かった

・薄い色のウエアを着たら透けてしまった

・ランニング用の手袋があることを知らず、軍手で走っていた

・ファッション用のスニーカーで走っているので、しっかりとしたものがあったらいいなとは思う

【まとめ】

・ランニング実態

ランニング頻度は週1日の方が半数を占め、ランニング歴は初心者から10年以上までさまざま。1回あたりの距離は平均7~8km。

・ランニング時の意識

ランニングの目的は「健康維持」がトップ。「体力づくり」や「ダイエット」も上位。「継続すること」が最も重視されている。

・ランニング専用アイテムの保有状況・意識

専用ウエアは90%、専用シューズは80%が保有。購入時には「動きやすさ」が最も重視され、コーディネートのこだわりは「カラー」がトップ。

Left Center Right DeleteLeft
戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら