x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) マラソンおよび陸上競技日本代表選手に提供するシューズについて

国名: Japan
リリース日: 2012.06.11

 株式会社アシックス(本社:神戸市、社長:尾山基)は、このたび、第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)に向けて、マラソンおよび陸上競技(短距離)の日本代表選手に提供する特製シューズを作製しました。

 今回の提供は、当社製シューズに対して高い信頼をいただいていることから、各選手やコーチの意向を受けて作製したものです。

 今回作製したのは、マラソンシューズと短距離用スパイクシューズです。選手の好みや動作分析によって、アッパー(甲被)やソールなど各パーツの素材や形状を調整し、選手一人あたり数足提供しています。

                                          マラソンシューズ(左:タイプ2 右:タイプ1)

○マラソンシューズについて

 アウターソール(靴底)にスポンジ材を使ってクッション性を高めたタイプ、ウレタンを使ってより高速走行できるタイプを主に用意しています。どちらも石畳の路面やカーブが多いコースの特徴を考慮し、スポンジ素材の配合を変えるなどクッション性を高めた仕様にしています。

 カラーは、「日本」を象徴する赤と白をベースにしています。

≪タイプ1≫

 アウターソールは、アシックススポーツ工学研究所で開発した、六角形の意匠を配した独自の形状となっています。六角形にすることで路面との接地面積を増やすほか、走行中は六角形のふちが路面に対して“エッジが効いた”状態になり、優れたグリップ力を発揮します。

 ミッドソールは、当社で独自に開発した軽くて衝撃緩衝性に優れたスポンジ材「Solyte(ソライト)」をベースにしています。また、反発性に優れたスポンジ材「SpEVA(スピーバ)」を、硬度を変えながらかかと部外側、前部内側、前部外側の3箇所に配すことで、走法の異なる選手に対応しています。

 アッパーは、靴ひもを通す部分を甲の凹凸に合わせてななめに配した「アシンメトリー構造」にしており、フィット感を高めています。

≪タイプ2≫

 アウターソールは、前部に軽量の基布にウレタン材のトレッドを配して軽量化した「デュオソール」を採用しています。特に、乾いた路面でより高いグリップ性を発揮し、前方へ推進しやすくなっています。

 ミッドソールは、軽量のスポンジ材「HMW(エイチ・エム・ダブリュー)」を採用しています。

 アッパーは、通気性の高いメッシュ素材を使用したほか、サイドに補強材を配ししっかりとホールドすることで走行時の足のブレを抑えています。

≪当社製シューズを提供するマラソンの日本代表選手≫

 男子マラソン:藤原新選手、中本健太郎選手

 女子マラソン:重友梨佐選手

○短距離用スパイクシューズについて

 アウターソールのプレートにカーボン繊維強化プラスチック(CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastics)を採用したタイプ、樹脂を採用したタイプを主に用意しています。

 カラーは、アッパー全面に炎のように燃え上がる情熱を表現した“フレームレッド”と虎柄を配しています。また、タイプ1は、アウターソールにも虎柄を用いています。

≪タイプ1≫

 アウターソールのプレート全面にCFRPを採用しています。当社従来のプレートに用いられている樹脂と比べて、剛性・強度が高いといった特徴があります。このCFRPを特殊な技術で積層し、屈曲性が必要な踏み付け部や、より高い剛性が必要な土踏まず部など、部位によって必要とされる剛性を、積層数を変更することで調整しています。また、CFRPで一体成型することで当社従来のプレートに比べて大幅な軽量化を実現しています。スパイクピンは、重心移動をよりスムーズにするため、小指球部分のピンを最小限にし、母指球部分とつま先の外側部分に密に配置しています。これらにより、エネルギーロスが少なく、最高速度を維持しやすくなります。

 アッパーは、軽量で伸びにくい人工皮革を採用しています。フィット感とホールド性を高め、着地時や蹴り出し時のシューズと足のずれを抑えます。

≪タイプ2≫

 アウターソールのプレートに剛性が高く変形しにくい樹脂を採用しています。特に、土踏まず部分は、樹脂を左右から巻き上げる構造にして剛性をより高めることで、かかと部の落ち込みを防ぎ、スムーズな重心移動を可能にしています。また、はしご状に成型し空間を持たせることで軽量化も実現しています。踏み付け部は、溝を設けることで屈曲性を高めており、選手のキック力を効率よくトラックに伝えることができます。

 アッパーは、軽量で伸びにくい人工皮革を採用しています。フィット感とホールド性を高め、着地時や蹴り出し時のシューズと足のずれを抑えます。

                                                  短距離用スパイクシューズ(タイプ1)

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら