x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

第16回アジア競技大会(2010/広州) 日本代表選手に提供する陸上競技用シューズについて

国名: Japan
リリース日: 2010.11.18

短距離用スパイクシューズ

 株式会社アシックス(本社:神戸市、社長:尾山基)は、第16回アジア競技大会(2010/広州)用に、日本代表選手に提供するシューズを作製しました。

 今回のシューズは、当社製陸上競技用スパイクシューズやマラソンシューズなどをベースに、選手の好みや動作分析によって、アッパー(甲被)やソール(靴底)など各パーツの素材や形状を調整したオリジナルシューズです。

 カラーは、日本代表ウエアと連動させてホワイトとネイビーをベースに、レッドとネイビーのアシックスストライプとしています。

 主なシューズの特徴は以下のとおりです。

○短距離用スパイクシューズについて

 ひもで締めるタイプやベルトで締めるタイプなど複数を用意し、選手の好みに合わせて選べるようにしています。

 主に、アッパーは、軽くて伸びにくい人工皮革を採用しフィット感を高めています。アウターソール(外底)は、真ん中部分の剛性が高い樹脂製プレートを採用し、着地時の変形を抑えています。また、かかと部は、周囲を覆うように樹脂でカップ状に成型した「ヒールカウンター」を搭載し、ホールド性を高め走行時のブレを抑えています。

 これらの機能により、速い動きが可能になるほか、選手のキック力を効率よくトラックに伝えることができます。

○マラソンシューズについて

 選手の好みや気候などに応じて選べるよう複数作製しています。

 アウターソールは、前部に、軽量の基布にウレタン材のトレッドを配しグリップ性を高めることでスピードが出やすくした「デュオソール」と、クッション性が高く、籾殻(もみがら)を配合し濡れた路面でも高いグリップ性を発揮できるようにしたラバースポンジ「ウエットグリップラバー」の2種類があります。どちらも当社スポーツ工学研究所で開発した独自の素材、構造です。

 アッパーは、通気性の高いメッシュ素材を使用し、シューズ内の温湿度が高くなるのを防ぎ、マメの発生を抑えています。また、ソフトで足なじみが良く、長時間走っても高いフィット感が維持できるようになっています。

 ミッドソール(甲被と外底の間のクッション材)は、軽量で高いクッション性と反発性を兼ね備えたスポンジ材「SpEVA(スピーバ)」を採用しており、厚さや硬度を変えたものを複数使っています。

 このほか、中距離用、投てき用など種目にあわせたオリジナルシューズを作製しています。

マラソンシューズ

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら