x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

ヨーロッパで人気の「オニツカタイガー」 スペイン初の直営店をマドリードにオープン

国名: Japan
リリース日: 2010.09.24

「オニツカタイガー マドリード」外観

 株式会社アシックス(本社:神戸市、社長:尾山基)は、「オニツカタイガー」ブランドの直営店を、スペイン・マドリードに8月10日にオープンしました。

 今回の出店で、欧州におけるオニツカタイガーの店舗は、直営店6店、コンセプトショップ1店の7店舗となります。

 「オニツカタイガー マドリード」は、マドリードでも流行に敏感なファッションストリートとして知られるフエンカラル通りに位置しています。近隣には有名カジュアルブランドやスポーツブランドのショップが多く、人通りも多い地域です。オープンして1ヵ月半経ちましたが、ファッション感度の高いお客様や国内外からの観光客が多く来店しています。オープンから約1週間で1ヵ月の予算を達成したほど、売れ行きも好調です。

   これまで欧州での「オニツカタイガー」の店舗展開は、主要な都市を中心に進めてきました。「オニツカタイガー マドリード」は、スペインにおける旗艦店と位置づけ、「オニツカタイガー」ブランドの認知向上と売り上げ拡大を図ります。また、市場のニーズを素早く察知し商品開発につなげるためのフィードバックを積極的に行っていきます。

○店舗詳細

店名

Onitsuka Tiger Madrid (オニツカタイガー マドリード)

住所

Fuencarral 14 Madrid 28004 SPAIN

電話番号

+34-687-694-560

営業時間

10:30〜21:00(平日) 11:00〜21:00(土日、祝日)

定休日

不定休

店舗面積

130平方メートル(約39坪)

取扱商品

「オニツカタイガー」ブランドのシューズ、アパレル、バッグなどの雑貨

初年度(年間)目標

売上高

329,000ユーロ

営業開始日

2010年8月10日

○ご参考 「オニツカタイガー」の海外店舗(9月24日現在)

《直営店》

国名

店舗名

イギリス

「オニツカタイガー ロンドン」、「オニツカタイガー リバプール」

ドイツ

「オニツカタイガー ベルリン」

オランダ

「オニツカタイガー アムステルダム」

フランス

「オニツカタイガー パリ」

スペイン

「オニツカタイガー マドリード」

韓国

「オニツカタイガー 明洞」、「オニツカタイガー 光復」、

「オニツカタイガー ギャレリア百貨店」、「オニツカタイガー 東城路」、

「オニツカタイガー ロッテ明洞」

中国

「オニツカタイガー 蘇州 久光」、「オニツカタイガー 瀋陽 伊勢丹」、

「オニツカタイガー 来福士広場」

《コンセプトショップ》

スイス(チューリッヒ)1店舗、オーストラリア(シドニー)1店舗、香港4店舗、中国30店舗、韓国2店舗、フィリピン2店舗、台湾1店舗

「オニツカタイガー」ブランドについて

 「オニツカタイガー」は、当社創業者の故鬼塚喜八郎がはじめてスポーツシューズを作製した1949年から、スポーツウエアメーカー2社と合併して株式会社アシックスを設立した1977年まで製造していた商品のブランドで、2002年9月から新たにスポーツファッション市場向けのブランドとして国内外で本格的に展開しています。

 シューズは主に、過去に競技用シューズだったものを街でも履けるよう現代風にアレンジしており、商品ひとつひとつにストーリーがあります。また、シューズ、アパレル、バッグ、アクセサリー類には、日本の伝統的な柄や素材、染色技術を使った商品を多く取り揃えており、「和」と「スポーツ」の融合を表現しています。

 日本の伝統文化が海外で注目されている中、日本発のグローバルブランドとして国内外の若者を中心に人気を集めています。

     店内の様子

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら