x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

女子100m、200mで日本新記録を樹立 福島千里選手が着用したスパイクシューズのご紹介

国名: Japan
リリース日: 2010.05.12

福島千里選手とスパイクシューズ(女子200メートル(記録:22秒89)で着用したもの)

 福島千里選手(所属:北海道ハイテクAC)が当社製陸上競技短距離用スパイクシューズを着用し、女子100メートルで11秒21(第44回織田幹雄記念国際陸上競技大会:4月29日)、女子200メートルで22秒89(第26回静岡国際陸上競技大会:5月3日)と、2種目で日本新記録を樹立しました。

 福島選手はかかとが細く、既存製品では合うシューズが見つからなかったことから、当社では、福島選手が高校生の頃からご本人の意見を取り入れた特性スパイクシューズを作製しています。

 そこで今回は、これらの大会で日本新記録を樹立した各スパイクシューズをご紹介します。

 今回の競技で着用した各スパイクシューズは、天性のスプリント能力に力強さが備わった現在の福島選手の走りを考慮し、また、デザイン面でも福島選手の意見を取り入れて作製しました。

○女子100メートル(記録:11秒21)で着用したスパイクシューズ

 剛性が高く変形しにくいワンピースの構造の樹脂プレートを採用しており、着地時の変形を抑えています。これにより、スムーズな重心移動が可能となりキック力を効率よくトラックに伝えることができます。また、福島選手の足に合わせて各パーツの素材や形状を調整しています。

 アッパー(甲被)は、軽くて伸びにくい人工皮革を採用し、キック時のパワーロスを抑えています。カラーは、光沢のあるホワイトをベースに豹柄のアシックスストライプを採用しています。

○女子200メートル(記録:22秒89)で着用したスパイクシューズ

 土踏まず部のサイドの巻き上げを立体構造にすることで、樹脂プレートの剛性を高めています。接地時に反発力が生まれるため、速い動きが得られるようになっています。また、中敷き部分をヒールアップさせることで、加速時の自然な前傾姿勢を促しています。

 アッパーは、筋力が強くなってきている福島選手の足に合わせて、硬い人工皮革を採用しています。これにより、接地時のシューズの変形が抑えられ、足とシューズにブレが生じにくくなっています。

 カラーは、豹をイメージしており、ブラックをベースに豹柄のアシックスストライプを採用しています。

○福島千里選手のコメント

 今シーズンご提案いただいたシューズは、足に合っていて感覚的にもとても良いと感じています。デザインは自分のこだわりが入っており、速く走れそうなイメージからアシックスストライプを豹柄にしてもらいました。私にとってデザインはとても重要で、可愛らしく仕上げていただき満足しています。

 気に入ったシューズを履いてレースに出場できることは、とても気持ちよく、嬉しいことです。

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら