x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

第29回オリンピック競技大会(2008/北京) 日本代表選手に提供するマラソンシューズについて

国名: Japan
リリース日: 2008.07.16

 株式会社アシックス(本社:神戸市、社長:尾山基)は、第29回オリンピック競技大会(2008/北京)に向けて、マラソンの日本代表選手のうち、男子2名(佐藤敦之選手、大崎悟史選手)、女子3名(土佐礼子選手、野口みずき選手、中村友梨香選手)に提供する特製マラソンシューズを作製しました。

 今回提供するシューズは、以前から当社製シューズを使用していただき、強い信頼関係を築いていることから、各選手やコーチの意向を受けて作製したものです。

1.開発のポイント

 いずれも当社製シューズ「マラソン ソーティジャパンWS」をベースとしています。北京五輪のコースや気象条件に対応し、各選手の足の形状や走法の特徴、好みに合わせるため、アッパーやソールなど各パーツの素材や形状を調整し、選手一人あたり数足提供しています。

2.素材について

≪アッパー(甲被)≫

 黄砂など北京特有の砂がシューズ内に混入しないよう編目が細かいメッシュ素材を使用しています。通気性も確保し、シューズ内の温度が高くなるのを防ぎ、着地時の衝撃熱によって起こるマメの発生を抑えています。

≪中敷き≫

 吸汗性、速乾性が高く、長時間走行しても、さらりとした感覚が得られる素材を使用しています。

≪ミッドソール(甲被と外底の間のクッション材)≫

 当社スポーツ工学研究所が開発した軽量クッション材「SOLYTE(ソライト)」を使用しています。コースに合わせて高反発の配合としています。選手の体調や好みに合わせて選択できるよう、厚さや硬度を微妙に変えたものを複数用意しています。

≪アウターソール(外底)≫

 当社スポーツ工学研究所が開発した軽量アウターソール材に、籾殻(もみがら)を混入して濡れた路面でも滑りにくくしています。

3.各選手のシューズについて

佐藤敦之選手

シューズサイズ

左26.0cm 右26.0cm

ストライプ(ライン)カラー

ブラック

大崎悟史選手

シューズサイズ

左27.5cm 右27.5cm

ストライプ(ライン)カラー

ブライトブルー

土佐礼子選手

シューズサイズ

左25.5cm 右25.5cm

ストライプ(ライン)カラー

フラッシュグリーン

野口みずき選手

シューズサイズ

左23.25cm 右23.25cm

ストライプ(ライン)カラー

ブラウン、コッパー(2種類)

中村友梨香選手

シューズサイズ

左25.0cm 右25.25cm

ストライプ(ライン)カラー

フラッシュピンク

○写真

佐藤敦之選手のシューズ

大崎悟史選手のシューズ

土佐礼子選手のシューズ

野口みずき選手のシューズ

中村友梨香選手のシューズ

5人のシューズ

《ご参考》

北京五輪日本代表選手マラソンシューズの重量について

当社が作成する北京五輪日本代表選手マラソンシューズの重量(片足)は、以下のとおりです。

佐藤敦之選手用シューズ  約140g

大崎悟史選手用シューズ  約153g

土佐礼子選手用シューズ  約135g

野口みずき選手用シューズ 約112g

中村友梨香選手用シューズ 約130g

戻る
Download download small size download full size file size Image size
PDF版のダウンロードはこちら