x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

アシックスの強み

怪我をしないで運動ができること
選手が最高のパフォーマンスを発揮できることを目的とした製品づくり


各国市民マラソンの大会使用率

アシックスは国内外で約180のランニングイベントのスポンサーをしています。中でも多くの大都市型市民マラソンをサポートしており、毎年11月に開催されるニューヨークシティマラソンでは5万人以上が完走する世界最大のマラソン大会となっております。市民マラソンに参加するランナーが使用しているシューズの銘柄を調べますと、世界のどこの大会でも3割から6割が当社のランニングシューズを使用しています。

この高い当社シューズ使用率は、お客様からの信頼の証であると考えています。これらを通じて、世界各地においてランニング文化の発展をサポートするとともに、世界のランナーとのコミュニケーションを充実させ、よりニーズに合った商品を開発していくなど、ブランド価値向上を図ります。






東京マラソン大会使用率 46% (2015年調べ)



技術力

アシックススポーツ工学研究所はHuman centered designにこだわり独自に開発された素材や構造設計技術により製品が生み出される基幹となる部分です。

スポーツ工学研究所には人体や運動機能、材料物性、製造工程などを分析する研究設備のほか、体育館や陸上トラックも設置しており、製品を実戦的に使用しての試験やデータ分析も行います。研究所内での独自研究はもちろんのこと、材料メーカーとの共同開発、公的機関との基礎研究にも積極的に取り組んでいます。

着地時には、ランナーの体重の3~4倍の負荷がかかると言われています。アシックスのランニングシューズには、そんな過酷な環境からランナーの足やひざを守るための、シューズには様々な独自技術が盛り込まれています。



接客力

アシックスでは、適切なシューズを選んでもらえるよう、正確な計測に基づくアドバイスをおこなっています。写真は、3次元計測器で足の形を測定して、左右別に正確な足の特徴を把握しているところです。直営店ではこのような専門サービスを拡充しております。また、直営以外の販売店の店員の皆様にもシューズの専門的知識について積極的に指導を行っています。