x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

アシックスのあゆみ

1949  創業:鬼塚株式会社設立

創業者・鬼塚喜八郎についてはこちら

戦後荒んだ青少年の育成に貢献したいという思いを実現するために、スポーツ事業への参入を決意し、日本の再生を目指した。


1950 最初のバスケットボールシューズ発売

第1号バスケットボールシューズ

当時のスポーツシューズ製造において、最も難しいと言われていたバスケットボールシューズを手掛けたのは、「最初に高いハードルを超えられれば、その後のハードルもどんどん超えられる」という鬼塚喜八郎の考えから。改良を重ね、靴底を吸盤のように凹型にすることで、グリップ性を格段に高めた。





1960  ローマオリンピック視察後、北米市場を視察

海外のスポーツシューズに衝撃を受け、世界に通用するシューズ作りを決意した。






1964  東京オリンピックで選手にシューズを提供

多数の海外選手のシューズを提供しオニツカシューズを使用した選手がメダルを獲得し、日本のメーカーが世界で認められるきっかけとなった。1956年のオリンピック メルボルン大会でも日本選手団にシューズを提供し、メダルを獲得した。


1972  東京証券取引市場第二部の上場


1975 「オニツカタイガーGmbh」設立

ドイツ デュッセルドルフに海外販売法人を設立。本格的な海外販売の開始した。


1977 3社合併でアシックスを設立

オニツカ株式会社とスポーツウエアを手がける株式会社ジィティオ、ニットウェアを手がけるジェレンク株式会社の3社が対等合併し、世界制覇を目指して総合スポーツ用品メーカーを発足した。「もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神あれかし、と祈るべきだ」というラテン語"Anima Sana In corpore Sano"の頭文字をとって社名を「ASICS」とした。



左から、ジェレンク社長 臼井一馬・オニツカ社長 鬼塚喜八郎・ジィティオ社長 寺西光治


1983 ウォーキングシューズ「ペダラ」発売

スポーツシューズ開発で培った技術を応用し、履きやすさと歩きやすさを追求したウォーキングシューズを発売した。





1985 株式会社神戸ポートアイランドに新本社ビル竣工


1985 アシックススポーツ工学研究所設立

1990年にスポーツ工学研究所を神戸市西区に竣工した。創業者鬼塚喜八郎のものづくりへのこだわりがその後の当社の研究開発にも受け継がれている。「スポーツで培った知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」というビジョンを具現化するための研究所を竣工し、人間の運動動作に着目し、独自に開発した素材や構造設計技術を用い、イノベーティブな技術、製品、サービスを継続的に生み出している。




1995  グローバル・ランニングモデルの強化

GEL-KAYANOなどのアメリカで展開していたモデルをグローバルモデルに展開した。


1998  ランニング・グローバルキャンペーン開始

ニューヨークシティマラソンのスポンサー等でランニングのグローバル化を強化した。


2002 「オニツカタイガー」ブランドのシューズを復刻






1977年まで展開していたスポーツブランド「オニツカタイガー」の復刻版がヨーロッパでブームになった。ファッションアイテムとしてグローバル展開をスタートした。





2003 「オニツカタイガー東京」代官山に旗艦店となる第一号店 オープン

その後2004年にシドニー、2005年にパリとロンドン、2006年にアムステルダムとベルリン などと海 外でオニツカタイガー直営店をオープンした。


2005  海外売上比率が50%を超える

ランニングシューズとオニツカタイガーシューズが伸張した結果、海外売上高が国内売上高を上回った。


2007  ASICS STORE TOKYO を銀座にオープン

第1回東京マラソンが開催される一週間前にランニング専門店として東京中央区銀座にオープンした。市民ランナーに向けた商品とアドバイスを提供。その後、2008年にロンドンに海外初の直営店をオープンし、2009年にはニューヨーク、2011年にはアムステルダムと海外に直営店を出店。




2008 尾山基が社長に就任


2010 Haglofs Holding AB社買収

アウトドア事業をグローバル規模で強化拡大するため、スウェーデンのアウトドアブランドを連結子会社化した。






2013 アシックスジャパン株式会社を設立

日本事業を担うアシックスジャパンを設立して本社機能と日本事業を切り離した。アシックスをグローバル本社として、アシックスジャパンを傘下とする体制になった。それに伴い2014年に東京本社を設立した。


2015 「アシックスタイガー」の復刻

1980年代から1990年頃に人気を集めた各競技用のシューズにアレンジを加えて「アシックスタイガー」ブランドとして復刻させた。アメリカンストリートファッションの要素を取り入れたオニツカタイガーに続く第3のブランドとして販売を開始した。




2015  東京2020ゴールドパートナー決定

東京2020ゴールドパートナーとして、アスレチックスポーツに限らず幅広い人々を対象に健康で快適な生活に貢献できるよう取り組む。



※こちらのHPでは抜粋したアシックスのあゆみを記載しております。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

沿革に関してはこちら

より詳しくアシックスの歴史を知りたい方はこちら