x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

サプライヤー基準と研修

サプライヤー基準

私たちは国際的基準に沿った明確な行動基準を策定し、企業活動を行っています。

生産委託先工場を含むアシックスの全サプライヤーは、「アシックスグローバル行動規範」、「ビジネスパートナー管理方針」を順守しなければなりません。当社はまた、「グローバル環境方針」も別に定めています。

「ビジネスパートナー管理方針」は、アシックス製品を作る生産委託先での安全かつ倫理的な労働環境・労働条件の実現に向け、全てのサプライヤーに対して労働者の権利、労働安全、待遇などに関する法令や国際基準の順守を求めています。


サプライヤー研修

アシックスは、サプライヤーが継続的に労働条件の改善と環境負荷の低減を行うためには、それらの基準の認識と、管理システムの構築と運用が不可欠であると考えています。

工場評価の中で得られた情報を基に、地域や業種特有の課題に合わせたサプライヤー研修を実施しています。

アシックスは、サプライヤーでの認識向上及び管理システムの構築と運用のためには研修と能力向上が欠かせないと考えており、ILOベター・ワーク・プログラムなどの第三者機関のステークホールダーと協力してサプライヤー向けの研修を実施しています。

研修はサプライヤーの将来的なコンプライアンス上の問題回避と、労働者と従業員の良好な関係構築に役立ち、最終的に、労働者の安全と健康、そして製品の品質と生産性の向上につながります。

2016年度は、中国、ベトナム、インドネシアの生産委託先工場109社の198人を対象に研修会を実施しました。


ビジネスパートナー管理方針

詳細はサステナビリティレポート(英語)をご覧下さい