x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

サプライヤー基準と研修

サプライヤー基準

2013年度、アシックスグループ全体に適用される新しいグローバル環境方針を策定しました。

全生産委託先工場を対象としたサプライヤー基準「アシックス業務委託先管理方針」にも労働基準に加えて環境基準が盛り込まれていましたが、新しい環境方針では、アシックスグループが環境負荷低減に向けてすべきこと、そしてサプライヤーとの連携の重要性をより明確にしています。

2014年度は、「アシックス業務委託先管理方針」を改定し、「ビジネスパートナー管理方針」として配付を開始しました。アシックス製品を作る生産委託先での安全かつ倫理的な労働環境・労働条件の実現に向け、全てのサプライヤーに対して労働者の権利、労働安全、待遇などに関する法令や国際基準の順守を求めています。

サプライヤー研修

工場評価の中で得られた情報を基に、地域や業種特有の課題に合わせたサプライヤー研修を実施しています。

実施に当たっては、ベターワークプログラムなど外部機関とも協働しています。

ビジネスパートナー管理方針