x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

VOL.6 山本明輝(経理財務職)

AKITERU YAMAMOTO

山本 明輝

グローバル経理財務統括部

経理財務部

海外業績管理チーム

2013 年入社

経営学部卒

Interview Index

1 職種の使命

企業の資源である「ヒト・モノ・カネ」のうち、お金の管理や情報の収集・作成をするのが経理財務部の仕事です。具体的には、資金調達面での銀行とのやりとり、海外販社の売上げや粗利、経費といった数字の管理、投資家への報告や、今後の経営戦略を決める資料となる会社の数字を取りまとめることが挙げられます。アシックスのモノづくりを背後から支える、いわゆるバックオフィスの仕事です。

直接製品を扱うわけではないし、スポーツの現場に触れる機会もほとんどありません。ですが、私たちが取りまとめる数字がなければ会社は成立しないし、製品をユーザーに届けることもできない。そういう重要な役割だと思って取り組んでいます。

2 自分自身の目標

スポーツを通じて人生を豊かにすることです。スポーツは国籍や年齢、性別等を超えて楽しむことができる最高の文化・遊びであると思っています。私自身、学生時代の様々なスポーツ経験に加え、社会人になって始めたトレイルランニングを通じて自然の美しさに感動したり、かけがえのない仲間を得たりと人生が豊かになったのを感じています。アシックスを通じてこのような楽しみをもっと多くの人に体験してもらう支えとなりたいのです。そのために「会社の中でもやりがいと責任感のある仕事をしたい」と伝えて今の部署に配属されました。その中で目標がぶれていないかということは、常に自分の中で問いかけています。

今では普段の仕事の中でも、世界の販売子会社(以下“販社”)の数字から世界地図を描き、モノやお金の流れに加え世界中のユーザーを思い浮かべるように心がけています。さらに多くのことを数字から読み取れるようになりたいと思っているので、さまざまな会社の数字に触れられる今の仕事は非常にエキサイティングです。

3 目標達成に向けて…現在

各海外販社から上がってくる数字から、世界で何が起こっているかを理解できるようになるには、アシックスのビジネス全体への理解が欠かせません。ただ、各販社から上がってくる数字は膨大で、すべてを同じように見ていては重要な数字を見逃してしまうこともあります。重要な数字とそうでない数字を見分ける力も必要なのです。資料をまとめる仕事を通じてそういった判断力を養っていますが、チーム内で先輩が他の人と話しているのを横で聞いて覚えていく部分も大きいですね。

もう一つはコミュニケーション力です。全社的な数字をまとめるには、まず海外販社に必要な数字を提出してもらう必要がありますが、国によって会計基準も文化も違うため、スムーズに進めるためには、相手の意図をくんで進める力が欠かせません。経理財務というと日々数字と向き合う仕事というイメージがあるかもしれませんが、対人関係を築く力も必要だと感じています。

4 目標実現に向けて…ビジョン

海外販社の業績を数字で分析していると、現場に行きたいという思いが強くなります。世界各地で異なる、その土地ならではの市場や戦略を理解するためにも、海外販社に出て行って、現場を体験してみたいとも感じています。

また、現在は他部署と連携して仕事をすることは少ないのですが、そこはもっと作って行かなければ、とも思っています。たとえば他部署の数字を見て、「僕はこう思うんですけど、確認できますか?」とこちらから働きかけるようなこともしていきたい。そのためにも、アシックスのビジネスに関する理解を日々深めていく必要性を感じています。

5 目標実現に向けた、とある1日のスケジュール

日の出

エクストリーム出社

出社前の時間で、同期と一緒に早朝トレイルランを兼ねて朝日を見に行くこともあります。その後は、喫茶店で英語力の維持のために勉強をしてから出社。

エクストリーム出社

9:00

資料作成

海外販社の業績サマリー等の資料を作成。この資料が役員会議等で使用されることもあり慎重に進めていきます。また、常に進化・改善していけるように、フロアにいる役員クラスの人や海外駐在経験者が何気なく話している内容もよく聞いて、積極的に取り入れます。

資料作成

13:00

海外販社とのやり取り

月に一度はテレビ会議を実施。必要な情報、現地の事情、納期、提出物の質など多面的に考えてバランスを取りながら、こちらの要望を伝え、進め方を決めていきます。

18:30

エクストリーム退社

退社後は、他部署の人とともにランニングなどを行って交流。開発段階の製品のテスト履きなどを行うこともあり、モノづくりを支える実感を味わっています。

エクストリーム退社

6 目標実現に向けて…ロールモデル

チームの先輩です。その人が「自分は経理しかできないからここに来た」と発言した社員に「関係部署と連絡を取り、先方の意思をくみながらやりとりをするのは他の仕事も同じ。扱う金額が世界単位で大きい分責任も大きい。経理財務には、全ての仕事ができる人が来るんだ」と伝えた話を聞き、自分への言葉と捉え心に留めています。この仕事は「数字をまとめるだけ」の仕事ではない、つまらないと感じるなら自分の視点が悪いのだということを、その先輩に教えられました。専門知識に加え、コミュニケーション力、影響力、実行力、さらに人格的にも素晴らしい方です。