x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

Opera
version 12+

Internet Explorer
version 7+

お使いのブラウザをアップグレードしてください

当社のCMSはオープンWeb標準に基づき、最新技術を使用しています。申し訳ありませんが、お使いのブラウザはこの技術をサポートしていません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご使用ください

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari
version 4+

CAREER GROWTH

グローバル時代のビジネスリーダーを育てる"ASICS Academy"

ASICS Academyは、グローバルにビジネスをリードする人財を戦略的に養っていくための教育プログラム。ファーストステップであるDeveloping Leadersでは、各統括部長と人財開発部がリーダーの資質を認めた20代半ば~20代後半の若手を選抜。選抜された人は、約半年間にわたり、計10回の集合研修を受け、チーム別のワークに取り組みます。

最初に面談を行い、本人のキャリアプランと会社の期待をクリアにしたうえで、直属の上司による現場でのサポートも保証。明確な目的意識のもと、会社ぐるみで惜しみなくバックアップを図ります。

ASICS Academyの目的の一つは、自分なりのリーダー像を見つけること。集合研修では、社内の上層部、または社外から招いたさまざまなリーダーとのセッションを通じて、自らのキャリアプランと目指す姿を考えます。

本人のキャリアプランに応じ、海外勤務のチャンスもひらかれます。


グローバル経営を担う人財としての道が開ける

ASICS Academyの受講履歴は、その後の異動や昇格ノミネートの材料にもなります。実際、受講を終えた人がバンド(アシックスの人事における階層)昇格を果たすケースも多くなっています。こうしてキャリアを重ね、部門リーダークラスになるとLeading Leadersプログラム、さらにはChange Leadersプログラム、Strategic Leadersプログラムと、より高度な内容が用意されていて、将来的にグローバルで経営を担う人財の養成が図られているのです。

若手にとっては、自身のキャリアを考えるきっかけともなるASICS Academy。参加して、高いパフォーマンスを見せることで、グローバル人財として大きくステップアップできることでしょう。